下腹、背中、ひざ…40代のムダ肉に効く1分ストレッチ

2019/11/27

昔と比べて食べる量は増えていないし、体重もそこまで変わらない。なのに、体形だけは年々どっしり丸くなっていく…。そんな40代のムダな肉に効く「3つのストレッチ」をご紹介します。

<教えてくれた人>
佐久間健一さん
ボディメイクトレーナー。モデル体形ボディメイクスタジオ「CharmBody」代表。ミスコンテスト日本代表やモデルのほか一般人も指導。近著に『体幹リセットダイエット究極の部分やせ』(サンマーク出版)ほか。

だらしない下腹、背中、太もも……40代は若いころと脂肪のつき方が変わり、中年体形に。その理由は「姿勢を真っすぐ保つ筋肉が減るから。肩甲骨が開き、骨盤がゆがみ、関節の動きが悪くなるため、変な場所に脂肪がつきます」とトレーナーの佐久間健一さん。「関節まわりの筋肉を最大限に伸び縮みさせることで、40代でもキレイな体形に」

厚くなった下腹肉&腰回りの肉に効くストレッチ

下腹肉を撃退するには、脚のつけ根を伸ばし、おなかと骨盤をつなぐ筋肉(大腰筋)を鍛えること。「おなかを支える筋肉が伸びると、骨盤のゆがみが直り、下がった内臓も正しい位置に。わき腹の筋肉も伸び、腰まわりもスッキリ」

1:初めの姿勢

うつぶせになり、 重ねた両手の甲に顎をのせる。 両足を腰幅に開き、 左ひざを曲げる。

2:左足を上げて、腰を右側にひねる

ひざを曲げた左足を、腰をひねりながら体の右側へと持っていき、6秒キープ。慣れたら徐々にひねりを深める。反対側も同様に、左右5回ずつ行う。

背中の肉に効くストレッチ

背中やせには太もも裏側の筋肉の柔軟性がカギ。「太もも裏と背中は、実は筋膜によってつながっています。そのため両方を同時に伸び縮みさせると、背中が効率的に締まり、ムダ肉を撃退!」

1:初めの姿勢

両腕を前に伸ばして手のひらを壁につける。両足は腰幅に開く。

2:上体を前に倒して背すじを伸ばしてキープ

上体を前に倒し、背すじが伸びるところで6秒キープ。このとき視線は下に向ける。同時に太ももの裏側の伸びを感じて。10回繰り返す。

ひざや太もものお肉に効くストレッチ

太もも前面がモリッと太くなるのは、筋肉が硬く縮んでいるため。「脚のつけ根からひざ下までの筋肉をくまなく伸ばせばスッキリ。骨盤のゆがみも取れるため、ひざのたるみもなくなります」

1:初めの姿勢

ひざ立ちの姿勢から左足を大きく前に踏み出す。右足のつま先を立てる。

2:上体を前に倒し、左手を床につけてキープ

右ひざを曲げて、右手で右足の甲をつかむ。上体を前に倒し、左手は左足の横で手のひらを床につける。10秒キープし、3回繰り返す。反対側も同様に行う。

参照:『サンキュ!』12月号「40代の人に言いたくない体と見た目のなやみ解決SP」より。掲載している情報は18年10月現在のものです。イラスト/あべさん 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND