元家政婦がハマった…「これがストウブ沼なのか?」高くて重い鍋なのに何個も欲しくなるワケ

2021/03/24

元家政婦で主婦歴20年のサンキュ!STYLEライターマミです。

ストウブというフランスの鋳物ホーロー鍋をご存じですか?とてもおしゃれでSNSなどでもよく見かける人気のお鍋です。2年ほど前に憧れのストウブの鍋を買ってから、どうやら私はストウブ沼にハマってしまったようなのです。

最初で最後と思って買った鍋

私が最初に買ったストウブは、黒のラウンド型22cmの鍋。鋳物製でとても重くしっかりしています。定価は3万3,000円ほど。お鍋としては高価なので、迷って迷って最初で最後と思いながら買いました。

ストウブがなぜそんなに人気なのか?見た目のおしゃれさもあるかもしれませんが、何より機能が優れているのです。熱伝導がとてもよく、保温性も高い。そして無水調理ができます。素材の水分だけで調理が出来るので調味料も少なくてすみ、味が凝縮したおいしい料理が食べられます。そう、何をつくってもおいしくなるのですよ!大げさじゃなくて本当に。

試しに最初につくってみた鶏肉と野菜の蒸し焼きがものすごくおいしくて、私は衝撃を受けました。味付つは塩コショウだけ、ほとんどほったらかしの調理なのに素晴らしいおいしさで、私は一気にストウブのトリコになりました。

炊飯用のストウブも買ってしまう

最初のストウブを買ってからそう時間を置かずに、なんと私は2個目のストウブを購入してしまいました。今度は「ラ ココットデゴハン」という炊飯用の鍋です。じつは私は、炊飯用の万古焼の土鍋を持っていて、そのご飯の炊きあがりに満足していました。しかし、近所のディスカウントショップで炊飯用ストウブが安売りされていたのですよ!もう、これは買わずに帰れない!と迷わず買ってしまいました。何をつくってもおいしいのだから、ご飯を炊いたっておいしいに決まっています。

そしてもちろん、ストウブで炊いたご飯も文句なくおいしいのです。ですが、ご飯以外にも、揚げ物や汁物、煮物などにも使い勝手がよく本当に毎日大活躍。これも本当に大満足で買ってよかったと思いました。

さらにミニストウブを大人買い

もうストウブは買わないだろうと思っていた去年の年末。私はまた出会ってしまいました。10cmのストウブが、なんとまた値下げされていたのです!ということで、残り3個すべてを買うという信じられない行動に出てしまいました。10cmなんて小さい鍋に使い道ある?なんて思っていたのに。

しかし!ニンニクを丸ごと蒸し焼きにしたり、アヒージョをつくったり野菜を蒸したり…。
そしてなんと言っても茶碗一杯分のご飯もおいしく炊ける!平日の主婦のひとり飯にぴったりじゃないか!もうほんとストウブ最高。

サイズや形が違うと、また違う料理や使い方ができてしまうのです。たぶん私また買うわ。完全にストウブに敗北宣言です。

まだまだ止まりません

こんなに高いお鍋を何個も買う人がいるなんて信じられない!と以前は思っていましたが、今はその気持ちがよーくわかります。鍋だけでなくストウブ用の鍋つかみにもハマってたくさん作ってしまった時期もありました。そして今は、ふるさと納税の返礼品のストウブが到着するのを待っているところです。本当に本当に、ストウブでつくるだけでテクニックもいらずに料理がおいしくなりますよ。料理が苦手な人にこそ使ってみて欲しいお鍋だと私は思います!ただ、ストウブ沼には気をつけて(笑)

◆記事を書いたのは・・・サンキュ!STYLEライターマミ
音大卒で元家政婦の異色の経歴の主婦。多趣味で多特技あり。すべてを生かしてカリスマ主婦をめざしています!幼稚園児と中学生の10歳年の差兄妹の母でもあります。


※記事内の表示価格は、とくに記載のない場合、税込表示です。軽減税率の適用により価格が変動する場合もあります。
※ご紹介した内容は個人の感想です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND