昆虫に対して家ウィンドウ保護蚊帳金網

網戸の掃除はどれくらいサボってもいいの?掃除のプロに聞いた

2019/06/21

日々の家事で気になるものの、正解がよくわからないことについて、家事代行サービスを展開するカジタクに所属する、山口奈穂子さんに教えてもらいました。

今回のテーマは「網戸を掃除する頻度」についてです。

1年以上放置、あるいは1回も掃除したことがない、なんて人もいるのでは……?


■教えてくれたのは・・・山口奈穂子さん
カジタクに所属する、予約半年待ちの「片づけ名人」。定期家事代行、整理収納サービスの経験を活かし現在は新人スタッフの教育を行うトレーナーも担当。整理収納アドバイザー1級ほか、整理収納の資格を多数保有している。

意外と汚れやすい網戸、掃除の頻度は最低でも半年に1度

画面
laymul/gettyimages

窓ガラスにくらべて、汚れが目立ちにいく網戸ですが、実際にはかなり汚れやすいポイント。

住んでいる場所の環境にもよりますが、花粉やホコリは必ず付着しますし、雨が降れば当然それも直接網戸に降り注ぐことになります。汚れるのは外側だけではありません。屋内にたまったホコリはもちろん、タバコを吸う人がいれば、網戸の内側にはヤニが付着してしまいます。

外も内もじつはとても汚れやすい網戸。専門家としては、最低でも半年に1度は掃除することをおすすめします。ただ、あくまでこれは“最低”でも。

とくに子どもがいるご家庭では、網戸掃除は小まめにやることをおすすめします。網戸の汚れが屋内に飛散して、喘息やアレルギーの原因になる可能性もゼロではありません。

網戸掃除を簡単・手軽に終わらせる方法は?

PRImageFactory/gettyimages

定期的に網戸掃除をするなら、簡単かつ手軽に終わらせてしまいましょう。

たとえば、網戸に付着したホコリを落とすなら、はたきをかけるだけでもOK。それだけではホコリが落ちないようなら、乾いた布などで上から下へ拭き上げましょう。履かなくなった靴下や、ストッキングを手袋のようにはめて、ホコリを取っていくのもオススメです。

また、短めのワイパーに掃除用の吸着シートをつけて掃除すればより効率的。ウエットタイプの吸着シートなら、ホコリだけでなく汚れも落とせるのでおすすめです。

網戸掃除、少しでもサボりたい場合は……?

半年に1回の掃除がどうしても面倒……というかたもいるかもしれません。少しでも網戸掃除をサボりたければ、最低限窓を定期的に拭くようにしましょう。窓の汚れが網戸に移ることもありますから、それを防げば網戸の汚れ具合も少しは軽減されるはず。

しかし、それでも汚れは絶対に付着します。1年に1回は必ず掃除するようにしましょう!



協力・・・

カジタク

家事の宅配「カジタク」。安心のイオングループとして、家事代行以外にも、プロの整理収納プラン「片付け名人」や、日頃お掃除できないところをプロにお任せする「ハウスクリーニング」など、これまで約70万件の家事サービスを提供。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND