最後の最後まで使いたい!ウタマロ石鹸の使い切り術

2019/12/13

頑固で落ちにくい汚れや、衣類の白さを際立たせたいときの救世主、ウタマロ石鹸。しかし、石鹸だと「最後まで使いきれない」とお悩みの人も多いのでは?そこで今回は、ウタマロ石鹸を使い切るためのアイデアをご紹介します。

100円ショップのケースを活用

出典:サンキュ!ブロガーHitomiさん

ウタマロ石鹸を愛用しているHitomiさん。石鹸置きに置いて使っていましたが、ぬめりや小さくなると使いにくくなると感じたので、100円均一のケースに入れ替えてみました。ケースのサイズにあわせて石鹸をカットし、小さくなったらどんどん上に押し上げていくタイプなので、持ち手も汚れずとても使いやすくなったのだそう。

使い切りサイズにカットして使い切る

出典:サンキュ!ブロガー松丸ゆきさん

松丸ゆきさんは、そのままだと使い切ることがむずかしいウタマロ石鹸を、使い切りサイズにカットして使用しています。100円ショップのワンタッチケースに入れて、上履きや外靴を洗うときに活用。楽しく掃除ができて、片付けも楽チンなのだそう。

歯ブラシに擦って幅木の掃除に

出典:サンキュ!ブロガーkashimiさん

kashimiさんは、小さくなったウタマロ石鹸を歯ブラシに擦って、幅木の掃除に活用しています。今まで幅木を掃除すると、壁との境目に黒い筋汚れがついていたのですが、ウタマロ石鹸を使うと、見た目でもきれいになっていることが実感できたそう。ストレス解消のひとつにもなったそうです。

使いやすい位置に収納をして面倒な手間を省く

出典:サンキュ!ブロガーここゆきさん

洗面台の棚に、ウタマロ石鹸を収納しているここゆきさん。下に置いておくと、水が跳ねるので石鹸のヌメリが気になりがち。棚のうえに置くことで、取り出して使うという面倒な不便さもなく、手軽に使い続けることができるのだそう。「ヌメヌメの石鹸は苦手……」という人でも、最後まで使うことができそうですね。

便利で大活躍できるアイテムだからこそ、せっかく使うならば、最後までしっかりと使い切りたいですよね。ウタマロ石鹸の使い切りに悩んでいたかたは今回のアイデアを参考に、自宅で実践してみてはいかがでしょうか?

(参照: 口コミサンキュ!
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND