【管理栄養士監修】「マカロン」の賞味期限は短い?賞味期限切れのマカロンはいつまで食べられる?

2020/06/29

マカロンはカラフルでとてもおいしいお菓子ですが、賞味期限が気になりませんか。今回は、マカロンが賞味期限を過ぎても食べられるのかどうかを、保存方法といっしょに紹介していきます。マカロンの食べ残しが気になるかたはぜひ、読んでみてください。

マカロンは賞味期限を過ぎても食べられる?

フランスのマカロンクッキーが異なるフレーバーでセット。コピースペース付き休日食品コンセプト
colnihko/gettyimages

マカロンはあまり日持ちがしないスイーツですが、賞味期限が過ぎても食べられるかどうかを検証していきましょう。

マカロンの賞味期限は1日~1カ月とたいへん開きがあり、製造メーカーや販売店によって違います。これは間に挟んだクリームなどの原材料や品質が違うことが理由です。

一般的に生クリームを使っているマカロンは長持ちしません。冷蔵庫で保存しても1日だけの賞味期限のものもあります。

賞味期限と消費期限の違い

マカロンの賞味期限と消費期限の違いは、賞味期限がおいしく食べられる期限で、消費期限はそこまでしか口にできない、食品が傷むぎりぎりの年月日を示したものです。

マカロンは生菓子なのであまり日持ちがしません。冷蔵庫・冷凍庫へ保存するのが基本です。賞味期限や消費期限にかかわらず、なるべく早く食べ切ってしまうことが望ましいでしょう。

冷蔵庫で保存したマカロンの賞味期限

マカロンを冷蔵庫で保存した場合は、製造メーカーや販売店にもよりますが、約1日~1週間が目安となっています。

マカロンの賞味期限はお店によって違います。必ず賞味期限の注意書きを読み、指定されたとおりの冷蔵方法を守ってください。

賞味期限をきちんと守って消費することが望ましいでしょう。

冷凍庫で保存したマカロンの賞味期限

マカロンを冷凍庫で保存した場合の賞味期限は、1カ月というメーカーが多いです。

冷凍庫で保存できる製品は、工場で作って凍らせたマカロンをそのままの状態で家庭へ発送・販売しています。そのため、雑菌が繁殖しにくく鮮度が保たれています。

しかし冷凍庫で保存しているからといって、いつまでも傷まないわけではありません。賞味期限までに食べ切るのが望ましいでしょう。

賞味期限が過ぎて傷んだマカロンの特徴

白の背景にカラフルなマカロン。
Zolga_F/gettyimages

賞味期限が過ぎて傷んだマカロンの特徴について説明します。これを参考に、食中毒などの健康被害に遭わないように気をつけましょう。

マカロンはカラフルな色とかわいらしい見た目をしているため、傷んだ状態が安易に想像できないかもしれません。しかし生菓子なので、中の生クリームなどが劣化して腐ってしまうことはあります。傷んだマカロンの特徴はどのようなものなのでしょうか。

特徴1:溶ける

マカロンが傷むと間に挟んであるクリームなどが溶けてどろどろになっていきます。そして、マカロンの生地がどんどんクリームなどの水分を吸収して濡れていきます。

とくに、クリームは傷みだすと油と水分が分離し、水分が染み出しやすくなり、生地を湿らせていきます。

特徴2:生地が崩れる

マカロンの腐敗は間に挟んであるクリームなどからはじまり、生地を濡らしてぼろぼろにしていきます。

マカロンの生地は添加物が入っていないものが多いので、水分に触れるとどんどん傷んでいきます。食品の腐敗のもとは水分なので、雑菌が増える可能性も高くなります。

ひどいときにはクリームなどを中心に臭いやカビが発生することもあります。

【日数別】賞味期限切れのマカロンはいつまで食べられる?

青い背景においしいチョコレートマカロンのクローズアップスタジオショット
Sergey Nazarov/gettyimages

それでは、賞味期限が過ぎたマカロンは傷んでしまって食べることができないのでしょうか。

マカロンには賞味期限が書かれていることが多いです。

消費者庁によると、賞味期限を過ぎていても、食品によっては品質が保持されていることがあるので、見た目や臭いから個別に食べられるかどうかを判断する必要があるとのことです。

賞味期限が切れたマカロンを食べることは自己責任ではありますが、賞味期限切れのマカロンは約1日~数日の猶予があると考えられています。

賞味期限が1〜3日過ぎたマカロン

賞味期限が1~3日過ぎたマカロンは、食べられる可能性が高いと考えられています。

ただし、マカロンをメーカーや販売店の指定どおりに正しい保存方法で口にする場合に限りです。心配な場合は、間に挟んであるクリームなどの溶け具合や生地の湿っている程度を詳しく観察してから食べてください。

マカロンの状態をよく確かめて、買ったときと同じ形状が保たれているようであれば食べられる可能性があります。

賞味期限が1週間過ぎたマカロン

賞味期限が1週間を過ぎたマカロンは、ものによっては食べられると言われていますが、基本的には口にするのを避けたほうがよいでしょう。

賞味期限から7日も過ぎたマカロンは、中身が変質している可能性があります。マカロンの中身をよく確認することが大切です。

賞味期限が1カ月過ぎたマカロン

賞味期限が1カ月過ぎたマカロンは、食べないほうが好ましいでしょう。

マカロンはクリームが使われているものも多くあります。クリーム類は特に傷みやすいとされ、賞味期限が1カ月も過ぎている場合は、健康被害が発生する可能性もあります。

マカロンの正しい保存方法

白で分離マカロンクッキーのセット
BreakingTheWalls/gettyimages

マカロンの正しい保存は、市販のものは商品説明に書かれているとおりの方法にしたがってください。手作りのマカロンの場合は、必ず冷蔵か冷凍で保存しましょう。

マカロンは直射日光が当たらない風通しのいい冷暗所・冷蔵庫・冷凍庫に保存します。製品によっては、必ず冷凍・冷蔵しなくては日持ちしないものもあります。

マカロンは個包装で1つ1つの袋に脱酸素シートが入っている製品もあります。そのようなときは袋から出さずにそのまま保管しましょう。

冷凍庫で保存する

マカロンは冷凍庫で保存すると賞味期限を延ばせる場合もあります。

冷凍保存する場合は、1つ1つ丁寧にラップで包んでから、ジッパーつきの保存袋などへ入れて、空気を含ませないようにしっかり抜いてから封をして冷凍庫へしまいます。なお、冷凍庫からの出し入れは劣化のもとになります。食べる分ずつ保存袋へ詰めましょう。

常温可能なマカロンも、夏場などの暑い季節は冷蔵庫・冷凍庫での保存がおすすめです。

賞味期限切れのマカロンには要注意!無理して食べないようにしよう!

マカロン作りのプロセス。浅いフォーカス。食品塗料とブラシ
Vershinin/gettyimages

マカロンはおいしくてかわいいスイーツですが、クリームが使われることの多い繊細な食品なので、賞味期限切れにはとくに注意をしてください。

もったいないからといって溶けてべったりとした感触になった傷んだマカロンを食べると、体調を悪くする原因になる可能性があります。

とくに常温保存が心配な暑い季節は、マカロンを冷蔵庫・冷凍庫で保存して、賞味期限を守って食べ切りましょう。

■記事監修・・・

管理栄養士・ゆかりさん

管理栄養士、食生活アドバイザー。4歳女児のママで出張料理、料理教室、講演、栄養相談も手掛けるほか、ライターとしても活動。


参考サイト

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND