業務スーパーマニアがまた買いたい!200円のコスパ最強商品とは?

2021/11/09

子どもからおとなまで大好きなフライドポテト。業務スーパーなら、大容量、しかも高コスパで手に入るんです。さらに時短料理の材料としても活躍してくれるんだとか。

家族5人で食費2万円台をキープしている、業務スーパー歴10年のさくのんさんにその魅力を教えてもらいました。

コロナ禍で食費の大幅削減に成功し、食費2万円台をキープする節約主婦で元スタバ定員のスタバマニア。家計管理術や...

>>>さくのんの記事をもっと見る

大容量1kg入り

業務スーパーの冷凍食品はコスパが良いものばかりなのですが、なかでも値段、味ともにハズレなしでおすすめなのが冷凍フライドポテト。

冷凍フライドポテトだけで、何種類も販売されていますが、筆者のおすすめは赤いパッケージの神戸物産のフライドポテト。1kg入りで価格は235円!

原産国はフライドポテト発祥の国、ベルギーです。

基本の調理方法

凍ったままの商品を170度の油で2、3分揚げる、または少量の油で揚げ焼きにしても食べられます。

凍ったまま調理ができるので、食べたいときにすぐつくれて、付け合わせにもおやつにも大活躍です。塩を振りかけるだけでもちろんおいしいのですが、アレンジ可能なところもおすすめポイントです。

アレンジ1「ポテトグラタン」

レンジで加熱したポテトにミートソースやカレーをかけてピザ用チーズをのせ焼くとポテトグラタンの完成です。

もちろん手作りのミートソースでもよいのですが、時間がないときなどにレトルトのミートソースやカレーを使うと時短で一品つくれます。

アレンジ2「ポテトサラダ」

次に、フライドポテトを材料としてアレンジしてポテトサラダをつくります。

600Wで4分ほど加熱したフライドポテトをマッシャーなどで潰し、お好みの野菜、ベーコンやハムを加えて混ぜます。

マヨネーズ、塩コショウを加えて味を整えます。

茹でたジャガイモを使うよりも少し水分少なめに仕上がるので、牛乳や豆乳を加えて滑らかさをプラスしたら完成です。

時短でコスパが良い最強アイテム

ジャガイモは、皮をむいて、茹でて…の作業が面倒だったりするのですが、冷凍のフライドポテトを素材としても使えば時短になり便利で、さらに「1kgは多いかな」という心配も解決です。

他にもハッシュドポテト、チーズ入りのポテトもありますがどれもかなりの低価格で販売されています。ぜひ業務スーパーにあるフライドポテトをチェックしてみてください。


■執筆/さくのんさん…コロナ禍で食費の大幅削減に成功し、食費2万円台をキープする節約主婦。家計管理術や、コストコ、カルディの一押し商品などをレポートするインスタグラムが人気。インスタグラムは@sakunon_s_life

編集/サンキュ!編集部

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND