今、大人気!レモンサワーブーム「噂の真相」

2018/12/24

居酒屋に行って「とりあえずビール」の時代は古いかもしれません。今、若者の間では「レモンサワー」がブームなんです。全国の居酒屋はもちろん、スーパーやコンビニで買える商品なども人気が高まっています。そこで今回は、ブーム真っただなかのレモンサワーにまつわる、ちょっと気になる噂を検証しました!

全国でレモンサワーフェスが開催されてる⁉

2018年には全国8か所、7万人以上を動員。東京をはじめ、大阪、宮城、愛知、北海道、福岡、神奈川、広島で開催され、どの会場も大盛り上がり!レモンサワーに特化したグルメイベントで、レモンサワーにこだわる人気店の一杯や、100通りのレモンサワーなどが味わえます。

EXILEの公式ドリンクって本当?

東京で開催されたレモンサワーフェスティバルの乾杯セレモニーに登場した、歌手のAmiさんが「先輩のEXILEさんのライブの打ち上げ会場で、2500杯のレモンサワーが出たらしいです。レモンサワーは事務所(LDH)の公式ドリンクのようになっています」と語りました。

レモンサワー専用の焼酎が存在する?

レモンサワーの味の決め手は、ベースとなる甲類焼酎。宝酒造からは、レモンサワーのために生まれた甲類焼酎の「宝焼酎『 レモンサワー用』(600㎖)¥735」も発売されています。

”レモンサワー”と命名したのはもつ焼き店?

「もつ焼きばん」という人気店が命名しました。レモンサワーの聖地ともいわれる東京・中目黒で昭和33年から営業。この店の創業者が戦後に焼酎を炭酸水で割ったものを〝 サワー″と名づけました。焼酎と氷入りのジョッキ、炭酸水、生レモンを別々に提供し、客の好みに合わせた飲み方を楽しんでもらうのがこだわり。「ここ数年はお客さまのほとんどがレモンサワーを注文。若い女性のお客さまも増えています」と広報の松本さん。

もつ焼きばん 中目黒本店:東京都目黒区上目黒2-14-3

地域限定のレモンサワーが販売されてる?

レモンサワー人気の拡大に伴い、限られた地域でしか販売されていない商品が続々登場。「飲みたくてわざわざ旅行に行く」というマニアも出没するほど注目を浴びています。

〔左〕神奈川県産小田原レモンを使用し、まろやかでこくのある味わいに。神奈川、静岡、山梨限定。「寶CRAFT〈小田原レモン〉」(330㎖)¥270/宝ホールディングス
〔中央〕素材選びや作り方を日本の酒場に学んだこだわりの味。九州限定発売。「檸檬堂 定番レモン」(350 ㎖)¥162/日本コカ・コーラ
〔右〕JR西日本駅ナカ限定。新大阪~広島の主要駅で販売。「瀬戸田レモンCHU-HI」(350㎖)¥160/ジェイアールサービスネット岡山

フェスが開催されたり、有名人がレモンサワー好きを公言するなど、レモンサワー人気はとどまるところを知りません。これからますます「レモンサワー派」が増えてくるかもしれませんね。ぜひ注目してみてください!

参照:『サンキュ!』1月号「レモンサワーブーム噂の真相!」より。掲載している情報は18年11月現在のものです。撮影/天日恵美子 フードスタイリスト/すずき尋已(tricko) 構成・文/杉澤美幸 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND