引数を持つアジア カップル

40代夫婦に「夜の営み」は必要?断るのは非常識?

2019/07/03

「ウィメンズパーク」に「40代夫婦ですが、夜の営みがつらいです」と嘆きの声がありました。男女の感覚はちがうものですが、のり気じゃないのに求められると、正直ツライこともありますよね。これに対して、さまざまな意見が寄せられていました。

1. ルールをつくってなんとか乗り切る

同じ悩みを抱えている人のなかには、頻度や時間を決めて、苦痛にならない工夫をしている人もいました。自分が受け入れられそうなルールをつくれば、なんとか乗り切れるかもしれません。

・私も、夫からの夜のお誘いが苦痛で仕方ないです。今は「夫婦生活は2週間以上間隔を空ける」「時間は15分以内」とルールをつくりました。あとは、「育児に疲れているから」とうそをついたり、誘われそうなときは体調不良のふりをしてごまかしたりしているときもあります。

・頻度を決めるか、外での行為を容認するか、話し合いで決めるのがいいと思います。どこかで折り合いをつけるしかありません。

2. 相手の気持ちを考えることも大切

一方で、「相手の気持ちを考えると、断り続けるのはかわいそう」だという意見もありました。誘うほうも、勇気がいるのです……。

・お誘いを受け入れることも、思いやりだと思っています。求められるのはうれしいですし。マッサージしてあげるのと同じ感覚で受け入れています。

・完全になし!というのは、夫にとっても苦痛だと思います。自分が夫の立場になったら……と考えると、やっぱり夫婦生活を完全になくされるのはきついです。うちは週に1度くらいのペースで夫婦生活をしていますが、どちらかが完全にしたくないと考えている関係は、やっぱりつらいだろうなと思いますね。

・逆に夫に断られています。私は、夫とスキンシップを図ったり、夫婦の時間をゆっくりと過ごしたいと考えているのですが、夫はそうではないらしく、1人で過ごしたいようです。子づくりのためだけに夫婦生活をすることも、さみしいしむなしいですよ。プライドもずたずたです。相手から求められるなんて、うらやましい……。

3. まとめ

「ウィメンズパーク」では、「お誘いがつらくても、やはり完全に拒否するのはよくない」という意見が多いようでした。誘われるほうもつらいですが、断られるほうも同じくらいつらいもの。お互いが納得できるように、しっかりと話し合うことが大切ですね。

■文中のコメントは「ウィメンズパーク」から再編集したものです。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND