アジアのシニア女性

他人事じゃない!?高齢親の「超焦る…!」ひやひやエピソード

2019/09/12

自分が年を重ねていくにつれて、親も老いていきます。タバコの不始末、高齢の親の運転問題などなど…。実家へ久々に帰るとなんだか心配になりませんか?『サンキュ!』編集部員が、実家で経験したヒヤヒヤエピソードをぶっちゃけます。

<編集部員たち>
●アラフォー編集部員A
75歳と71歳の両親が。実家に帰るたびに、物が増え続けて毎回悩む
●アラサーメンズ編集部員B
70歳になる両親と同居。最近は老い問題に直面し、将来の介護に不安を持つ
●アラサー編集部員C
72歳になる両親とは、年に数回程度しか会わず。会うたびに老い問題に直面(汗)
●アラフォー編集部員D
遠く離れた地域に住む74歳の母が。買い物が大好きで、増えた物の片づけに悩み中

タバコの不始末で実家のじゅうたんに焼け焦げ跡が……

C:親が年老いてきたせいか、実家に帰るとヒヤヒヤすること、多くないですか?
B:あるある!実家のコンセントまわりが猫の毛だらけ!!急いで掃除しましたよ〜。
C:火事を起こしでもしたら……。
D:母がスモーカーなんだけど、じゅうたんにタバコの焼け焦げ跡があって。しかも何カ所も!

A:タバコの不始末、怖い〜。加熱式タバコにしてもらったら?
D:キャンドルにも凝っていて、溶けたキャンドルがあちこちにあるし、コンロの管理も怪しい。
A:火の元問題が山積み……。制御機能があるコンロにするとか、LEDキャンドルにするとか。お母さんが火に触れなくていい環境を整えるしかないですよね。

空き巣は3回!いつか振り込め詐欺に引っ掛かりそう

A:実家、3回も空き巣に入られているんです……。
D:えっ、3回も!?
A:毎回事情聴取があり、そのたびに間取り図を描いていますから、3回目はお巡りさんに「間取り図、上手ですね」って褒められたそうです。自慢する前に防犯対策して!
C:振り込め詐欺やアポ電も怖い。
B:母にオレオレ詐欺の電話がかかってきたんです。私が隣にいたので、母は電話口で相手に怒っていましたけど(笑)。もし、私がそばにいなかったら……。
D:迷惑電話防止機能つきの電話にして、そういった悪質な電話から守るしかないね。
A:家の警備だけじゃなく、家の中でも防犯対策しないといけないって、ホント大変な時代ですよ。

車の運転、ひざが悪い。そろそろ介護も視野に!?

B:最近、両親の老いを感じます。皆さんはどうですか?
C:いちばん心配なのは運転。田舎で車がないとスーパーに買い物も行けないから、何も言えず……。そろそろ免許返納のタイミングかな?
B:うちは今度高齢者講習に行ってもらいます。運転がむずかしいと判断されたら、免許返納してもらわないと。

C:風呂場で老いを感じました。数年前まではきれいだったのに、実家に帰って久々に入ったら風呂いすの裏とかにびっしりカビが……。元々掃除が得意なタイプではなかったけど、ひざが悪くてかがむのがしんどいのも理由にありそう。
A:もう数年もすると介護も視野に入ってくるでしょう?老人ホームの選びに、自宅での介護食とか、今から真剣に考えるべきタイミングに来ているね。

老親に元気を与えている !? 増殖するファンシーグッズ

D:母が急にキャンドルにハマりだしたように「なんで、それ選んだ!?」的なことありません?
B:上がヒョウ柄、下がゼブラ柄の「1人弱肉強食」コーデだったことが(笑)。野生化したいのかな。
A:クマの形のスリッパとか豚の形のクッションとか、どこで買ったんだってファンシーグッズが増殖中。赤ちゃん返りってことかな〜?
C:我々には不思議な趣味だとしても、親の活力につながるんだったら、大目に見ましょうよ!

『サンキュ!』読者にも実家の心配事聞いてみた

防犯

「鍵をかけない」と、親の防犯意識が低い〝そもそも…〞問題がダントツに多い。「不要品回収を装った電話があり、家に入ってきた」などの迷惑電話でヒヤリとしたケースも。

火の元

「母の耳が悪くて、やかんを火にかけっ放しで気づかなかった」「父がタバコでぼやを起こして、ヒヤッとした」など、コンロやタバコが〝火の元のあるある問題〞として浮き彫りに。

片づけ

「使わないふとん、着ない服が大量」「景品のキャラもの食器が好きであふれるほどある」「洗面器7個とか、義実家は荷物であふれすぎ」と、実家を埋めつくす大量の物に皆あぜん……。

約8割の人がまだ「対策していない」との声(※)

「何をすれば対策になるのか」「親に注意喚起する程度……」とのコメントが多数寄せられました。実家の問題は、多くの人にとって開けたくない箱のようです。
※サンキュ!モニターアンケートより(19年5月実施、回答者数=228人)

帰省のたびに感じる親の変化。親はいつまでも若いわけではなく、同じように年を重ねています。何か気になることや心配事があったら早めの対策を!

参照:『サンキュ!』9月号「夏の事件簿 実家のぶっちゃけトーク」より。掲載している情報は19年7月現在のものです。

イラスト/髙栁浩太郎 構成/坂井勇太朗(風讃社) 取材・文/津島千佳 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND