パープルのレザーレイヤーファスナー付きコインポーチ、日本円紙幣

お金が貯まらない人が持っている財布の5つの特徴【Dr.コパの風水解説】

2020/06/18

「これといったムダ使いはしていないのに、なぜかお金が貯まらない」
「少し貯まったと思ったら、必ず急な出費がある」
「収入が少ないワケじゃないけど、貯金できません」

という人は金運がない証拠。金運がない人の財布には共通したNGポイントがあります。風水の第一人者Dr.コパに「お金が貯まらない人が持っている財布の特徴」を教えてもらいました。

財布は金運の住まい。居心地が悪いと家出します

財布を見れば、その人がどれくらの金運を持っているか、すぐにわかる。それくらい財布と金運には深い関係があるんだよ。

金運にとって、財布は「家」。居心地がよければ、外に出かけるより家に居たいと思うし、出かけてもすぐに戻ってくる。居心地のよい家を自慢したくて、友だちを連れて来ることもあるよね。反対に、財布=家の居心地が悪いと出て行ってしまい、「こんな家には2度と戻って来るものか!」と思うよね。もちろん友だちを連れて来ることなんて絶対にない。

金運を上げてお金を貯めたいと本気で思うなら、まずは財布を見直すこと。言い換えれば、金運にとって居心地のよい財布にすれば、金運がメキメキ上がってお金が貯まるということだね。

貯まらない人が持っている財布の5つの特徴

「お金が貯まらない」と悩んでいる人の財布には、共通点があります。こんな財布を持っていたらアウト!

貯まらない財布1:レシートでパンパン

フルレザー折財布
jsynnott/gettyimages

レシートが財布の中を占領していて金運が入るスペースがありません。

貯まらない財布2:期限切れのクーポン券が入っている

期限切れのもの=タイミングを逃した不要品。「運がよい」とは、タイミングのよいことを意味するので、金運はタイミングを逃したものを嫌います。

貯まらない財布3:3年以上使っている

財布の金運の寿命は1,000日、約3年です。どんな高級ブランドの財布でも3年以上使っていると、金運はどんどん下がっていきます。10万円のブランド財布を5年使うより、3,000円の財布を3年ごとに買い替えた方が金運が上がります。

貯まらない財布4:チャームがジャラジャラついている

財布は金運の住まい。ジャラジャラといろいろなものがついていると落ち着かないので、金運は出て行ってしまいます。

貯まらない財布5:金カラーの黄色の財布

黄色の財布とチューリップ
Toshie Kurosawa/gettyimages

お金にふれる内側の部分が黄色の財布はOKですが、外側が黄色だと、金運に遊び心が起きて外に遊びに行ってしまいます。

財布に入れておくと金運がアップする5つのラッキーアイテム

財布に入れておくと金運が上がるものを紹介します。

財布の金運を上げるもの1:115円のお種銭

お種銭とは、大きな金運の種になるお金のこと。風水では、「115」は天下を取る数字なので、115円をお種銭としてポチ袋に入れて、財布に入れておくと金運が育ちます。

財布の金運を上げるもの2:黄色とラベンダーの紙

黄色は金運アップカラー、ラベンダー色は厄落としカラー。この2色の紙をお札スペースに入れておくと金運に恵まれる財布に。

財布の金運を上げるもの3:持ち塩

karimitsu/gettyimages

粗塩約10gを密閉できるミニビニール袋に入れて、財布にIN。塩には清めの作用があるので、外の厄がついたお金が財布に入ってきたときに清めてくれます。

財布の金運を上げるもの4:柑橘系の香り袋

金運は柑橘系の香りに引き寄せられるので、柑橘系の香り袋や柑橘系のコロンをスプレーした紙を財布に入れて。

財布の金運を上げるもの5:よいことがあったときに持っていたもの

よい思い出のあるものはラッキーアイテム。旅行先で訪問した美術館のチケット、感動した映画の半券、楽しい時間を過ごしたレストランのショップカードなど、自分にとって縁起のよいものは財布の金運を上げます。

まとめ

貯まらない財布の5つの特徴と、財布に入れておくと金運がアップする5つのアイテムを参考にして、あなたの財布の金運を上げませんか?全部やらなくても、やった分だけ効果があらわれるので、ぜひ試してみてください。

監修/Dr.コパ 文/村越克子

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND