白湯を飲んで健康に!最適温度を保つ「シリコーンカバー」2種を比較レビュー

2020/06/29

100円ショップのキッチングッズコーナーには、さまざまなアイテムが並んでいます。そのなかから「これぞ!」というアイテムを、100均達人のたくたくさんに紹介してもらいます。

白湯を冷ましすぎずに飲むには…

美容健康のために白湯(さゆ)を飲む人は意外と多いと思います。白湯は50度程度のものをゆっくり10分~20分くらいかけて飲むのがいい……と言われていますが、10分~20かけていたら、あっという間に冷めてしまいます。

でも、コップにフタをしておけば、白湯も冷めずに効果が長持ちするはず。というわけで手軽なコップのフタを探して見つけた、ダイソーのフタ2種類をご紹介します。

アニマル柄の「シリコーンコップカバー」

思わず買ってしまった、アニマル柄の「シリコーンコップカバー」。デザインはペンギンとパンダの2種あるようですが、今回はペンギン柄を購入。カバーの直径は10cm。ふだん使っている大きな口のコップで試してみたところ、サイズはピッタリでした。

このカバー、ただ乗せるだけじゃないんです。コップにフタをしてからペンギンのネクタイ部分(取っ手)をグッと押しこむと……コップのふちに密着するんです。

写真のように持ち上げても離れないくらい、しっかりと密着しています。もし密着しすぎて外れない場合は、取っ手ではなくシリコーン部分をベロっとめくれば簡単にはずれるので慌てないようにしてくださいね。

とにかく、かわいく愛らしいアニマル柄のフタなので、かわいい系が好きなかたにはオススメです。

透明でシンプルな「ピタッと押すだけ密閉!シリコーン蓋」

もう一品、シリコーンのフタをみつけたので買ってきました。このフタは、サイズ違いで何種類があり、一番小さなサイズが10cmです。ラーメンの器とか鍋とか大きなサイズもあるので、暖かい料理を冷めないようにするなら、サイズが大きいものを買うのもいいですね。

なんといっても、こちらは取っ手が一体型なので、かなり力を入れて引っ張っても、取っ手がはずれることはありません。アニマルフタと比べるとシンプルな分、密閉度も高いようです。

取っ手をつまんで持ち上げると、こちらもコップごと持ち上げることができました。驚いたのは、逆さまにしても、コップから白湯がこぼれなかったところ。

電子レンジや、冷蔵庫、カップ麺など、コップ以外にも使えるので、シンプル派や料理にも使いたいなら、こちらのフタがオススメです。

どっちの商品ががおすすめ?

毎朝ホンワカした気分で白湯を飲むなら、アニマル柄のフタがオススメですね。機能重視男子のわたしは、アニマル柄がかわいすぎるので、透明な機能性重視のフタを使います。

透明なフタは、密着度が非常に高いので雑に扱えるし、電子レンジやカップ麺に使えるので、男子のわたしには魅力的です。大きなサイズも併せて買えば、デザインも統一されてキレイですしね。

ですが、本音はかわいいのが好き(笑)。なので、ひとりで白湯を飲むときはアニマル柄。カップ麺や電子レンジ用に透明のシリコーン蓋で使い分けしようと思います。


◆執筆/たくたくさん
毎日100円玉をにぎって100円ショップ巡っている50代のオジさん。100円ショップで見つけた小さな幸せを日本中に発信するため、日々奮闘する100均達人。

※記事内の商品価格は、表記がない限り消費税抜きの価格です。
※商品情報は記事執筆時点のものです。店舗によっては取り扱いがない場合があります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND