じつは捨てても大丈夫!複数持ちが当たり前と思いきや、1つに減らしても困らなかったもの5選

2021/08/19

複数持つことが当たり前のものでも、あえて1つに減らすことで暮らしが快適になる場合もあります。では、具体的にどんなものが減らせるのでしょうか?

少ない持ち物でも快適な暮らしをしている、シンプリストうたさんに教えてもらいました。

ズボラでも小さな子どもがいても、スッキリ暮らすためのストレスフリーな方法を提案する整理収納アドバイザー。68...

>>>シンプリストうたの記事をもっと見る

1.ザル

【無印良品 公式】ステンレスメッシュトレー・大 約幅27×奥行20.5×高さ4.5cm

サイズ違いの丸い深ザルを持つことが当たり前だと思っていませんか?

無印良品のメッシュトレイ(大)を1つ持っておくと、多用途で使えて便利です。家族分のパスタの量を1度に湯切りできる大きさがあり、揚げ物のときの油切りとしても使えます。

長方形で高さは4.5cmとかさばらないので、隙間に立てるとスッキリ収まります。

2.フライパン

家族暮らしであれば、フライパンセットを定期的に買い替えることが定番ですが、本当に3つも4つも必要なのでしょうか?

じつは1度に複数のフライパンを使う場面は少なく、魚焼きグリルを使用したり、「ゆでる」と「焼く」などと別の鍋と組み合わせれば1つでも問題ありません。

1つのものを使うことで質にもこだわることができます。
一生モノである鉄のフライパンにすることで、買い替えの手間も省くことができます。

3.ゴミ箱

ゴミ箱の数だけ集めたり、洗ったりと管理手間もかかります。
とはいえ、家族暮らしだとそれなりにゴミの量も出ますよね。

キッチンに45Lサイズのゴミ箱を分別ごとに1つずつ置くことで、ゴミ集めの手間も最小限に抑えられますよ。

ごはんをつくるときに出るゴミもすぐに捨てられるので、キッチンもきれいに保ちやすくなります。

4.寝具

季節によって寝具を使い分けないのもひとつの手です。

暑い時期になると、夜もエアコンが必須となりますが、タオルケットよりもかけ布団を使う方が寝冷え防止になって風邪をひきにくいのです。

また、敷パッドも替えを持たずにひんやり素材とパイル地のリバーシブルの敷きパッドにすることで、季節ごとに敷パッドを持つ必要はありません。

通年同じ寝具を使うことで、収納場所も必要なく入れ替えなどの管理の手間も省けます。

5.コスメ

各ジャンル1つずつを目安に持っておくと、メイクで迷うことがないので、朝の身支度もラクできます。

メイクポーチに入る分しか持たないので、持ち歩くときに入れ替える必要もありまん。

少ないぶんコスメ選びには慎重になり、自分に似合う色やタイプを追求するモチベーションにもなりますよ。

違和感を感じ始めても使い切るタイミングで切り替えることができるので、使いきれずに捨ててしまうことがなくなりました。

1つに減らすコツ

実験感覚で楽しみながら減らすと、後々の後悔が少ないです。
壊れたタイミングであえて「しばらく買わない」選択をしてみると、持って当たり前を見直すきっかけになります。

減らしてみて、もしも困ったら複数持ちに戻してもよいのです。

まずは、「複数持ちに疑問を持つ」ことが第1歩です。
同じカテゴリのものをたくさん持っているかたは、ぜひこの機会に見直してみてくださいね。

■執筆/シンプリストうたさん…ズボラでも小さな子どもがいても、スッキリ暮らすためのストレスフリーな方法を提案する整理収納アドバイザー。68平米のマンションでの家族4人のリアルな暮らしぶりを紹介するインスタグラムが人気。インスタグラムは@utatanenet_home。
編集/サンキュ!編集部

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND