共働き子ども3人…家事の負担をざっくりカット!5分掃除って!?体力温存家事アイデア

2020/08/23

家事に育児にクタクタになりがちな40代。疲れる家事は、負担をカットして体力を温存しちゃいましょ!共働きで子ども3人だからこそ、割り切って効率化。メリハリある家事アイデアを教えてもらいました。

<教えてくれた人>
桂知秋さん(兵庫県 41歳)
在宅ワークがメインのフリーランスのグラフィックデザイナー。夫(38歳)、長女(11歳)、二女(9歳)、三女(6歳)の5人家族。インスタグラムは「_hknhome」

1階←→2階の移動→家族の人数分のかごを用意して、洗濯物は各自で2階へ

1階で取り込んだ洗濯物は5個あるかごに子どもが人別に仕分け。入浴前に各自が2階へ運び、パジャマと下着を入れて1階の脱衣所へ。この仕組みで上下階の往復を減らせました。

真夏に長時間火を使う料理→オイルと塩で新鮮野菜をサッと焼くだけ!

コンロの火がツラい夏の料理は、短時間勝負。長時間火を使う凝った料理はあきらめて、ちょっといいオリーブ油&塩で野菜を焼くだけのシンプル料理を定番にしています。

毎日隅々まで掃除機がけ→食べこぼしなど目立つ汚れだけの5分掃除に

以前は家全体を毎日掃除機がけしていましたが、これが結構な負担で……。LDKのある1階は食べこぼしやホコリだけ取り除けばいいことにして、2階は割り切って2日に一度に。

ハンカチのアイロンがけ→手ぬぐいに換えてピン!と干す

暑くて疲れるアイロンがけをやめたくて、洗濯物は意識してピンとのばして干すようにしています。ハンカチはやめて、ちょっとくらいしわがあっても気にならない手ぬぐいを愛用中です。

参照:『サンキュ!』2020年9月号「40代は体力温存家事でいこう!」より。掲載している情報は2020年7月現在のものです。撮影/桂さん 構成・文/志賀朝子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND