冷蔵庫から女性食物

冷蔵庫を片付ければ誰でも貯められるようになる!簡単3ステップ

2019/10/02

元ダメ家計だった人たちはみんな、家を片づけたことで“貯め体質”にチェンジしていることが判明!片づけたら貯まるのはわかったけど、どこから手をつけたらいいの?そんなあなたは、冷蔵庫から始めてみましょう。やりくりや片づけが苦手でも大丈夫。簡単にできる3つの方法を紹介します。

<教えてくれた人>
市居愛さん
マネーコンサルタント。「お金の通り道」を整えることで貯まる方法論を確立し、4000人以上の女性をサポート。著書に『お金を整える』(サンマーク出版)がある。

「冷蔵庫」を片づければ、家計全体が変わる

家族が毎日のように物の出し入れをしている場所といえば、冷蔵庫。冷蔵庫の中にはあなたが買った物……いわば「お金」が詰まっているんです。つまり、食べ切れずに腐らせてしまうのはお金を捨てているのと同じこと! だからまず最初に片づけるべき場所は、食費に直結している冷蔵庫なのです。ここがきれいに片づくと、ムダのない買い方や在庫の管理が自然とできるようになり、やりくり力も上がります。食費節約はもちろん、家計全体が整って、みるみるうちにお金が貯まりだしますよ。

なぜ、冷蔵庫から始めると貯まるの?

(1)処分する物を判断しやすい
捨てるか悩みがちな服や雑貨などと違い、賞味期限切れの物や霜のついた冷凍食品なら、迷いなく捨てられる。

(2)自分1人で片づけられる
家族に捨てる物や置き場所をいちいち確認する必要はなし。自分のペースで始められるから、結果も出やすい。

(3)ゴールがわかりやすい
スペースが限られているから、半日もあればある程度スッキリ。ゴールがわかりやすいと途中で挫折することもない。

(4)買い物の練習になる
今ある物がわかるから、ムダ買いが減る。スーパーに行くたびに買い物の練習ができ、お金づかいが慎重に。

(5)管理をする練習になる
冷蔵庫の中身が把握でき、在庫管理の練習になる。日用品や服も必要な量を見極めて管理できるように。

冷蔵庫片づけ「1週間チャレンジ」

冷蔵庫を効率よく片づけて貯め力をつける3ステップを市居さんが考案。むずかしいことは一切ないから、今すぐチャレンジしてみて!

準備:冷蔵庫の食材を食べ切る

ずは冷蔵庫の中をリセット。「からっぽになるまで買い物に行かない」と決めて、今ある食材を食べ切って。腐らせたり賞味期限切れの食材を見つけたら処分して、冷蔵庫内を整理。

★貯め力がつくPOINT

*ムダ買いに気づく第一歩
「買い物に行かない」と決めれば、冷蔵庫の奥まで食材を確認するきっかけに。賞味期限
切れの調味料や冷凍焼けしてパサパサの肉など、捨てるときにムダ買いに気づかされます

*ムダ買いの額が記憶に残る
処分した食材は、値段をざっくり計算。数字で見ると記憶に残りやすいので、次回の買い物で「これは捨てたからもう買わない」と意識できるように。自然とムダ買いもしなくなります。

STEP1:1週間分の食材を買う

冷蔵庫がからっぽになったら、1週間分の食材を購入。ここでむりに新しいメニューに挑戦しようとせず、使い慣れた食材を買いましょう。レシートに数量が印字されていない場合は、メモしておいて。

★貯め力がつくPOINT⇒「今ある物」を把握できる

レシートは、食べ切った食材をペンで消して在庫表として活用。今ある食材とその数がきちんと把握できるようになるので、献立もぐんと決めやすくなります。使い忘れたり、ムダに買いたしてしまうこともなし!

STEP2:冷蔵庫の中の 「置き場所」を決める

冷蔵庫の中を出し入れしやすい環境にすることは、使い切りの鉄則。「常備菜ゾーン」「朝ごはんゾーン」など定位置を決めることで、食材を迷子にさせません。買い物直後でも庫内はスッキリ!

★貯め力がつくPOINT⇒使ったお金をムダにしない

前日の残り物や賞味期限の近い物など、「先に食べる物」ゾーンをつくるのがおすすめ。これまで放置してムダにしていた物をきちんと食べ切ることで、「お金を有意義に使えるようになった」と自信もつくはず!

STEP3:1週間後、冷蔵庫の中をチェック

冷蔵庫の中がからっぽになっていれば、その買い物量がぴったりだということ。レシートの食材と数量を紙に書き出し、「1週間の食材リスト」として次回以降の買い物の参考にしましょう。

★貯め力がつくPOINT⇒必要な物だけ買える

食材が残った場合は、レシートに書いてある量から差し引けば「わが家の1週間の必要量」がわかります。次回はその量だけを買って使い切ればOK。冷凍できる場合でも買い過ぎない習慣をつけて。

冷蔵庫がからっぽの状態でスタートし、買うのは1週間分の食材だけ。全部食べ切るまでには在庫管理力、やりくり力、買い物力が自然と身につく仕組みになっています。これを続けることで、貯める総合力がぐんぐんアップ!

参照:『サンキュ!』10月号「貯めたいなら、家を片づけてみよう!」より。掲載している情報は19年8月現在のものです。

監修/市居愛 構成/出下真紀 取材・文/平井裕子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND