1000万円貯めた人達が「書き出しているもの」全部見せ

2020/01/17

ちまちま節約していてもなかなかお金の貯まらないあなた!貯蓄0円からでも1000万円貯めることはできます。実は貯蓄に成功している達人たちは皆、予算や目標、献立リストを書き出していました!一体どんなことを書いているのか見てみましょう。

家計も在庫も“見える化”した

<教えてくれた人>
『サンキュ!』読者I・Nさん(神奈川県 30歳)
夫(30歳)、長男(2歳)の3人家族。「夫の給料だけでやりくり」を徹底。20代で1000万円貯めて、念願のマイホームを購入!

結婚後、妻の収入が減ったのを機に、家計を見直し。「月ごと、年ごとの支出予定を書き出し、俯瞰で見たら、〝使えるお金〞が明確に。その中でやるだけと決めたら、周囲に惑わされなくなりました」

日々の収支メモ

家計簿の集計時に予算との差額を出し、その月の黒字、赤字の理由もメモ。赤字のときは、使いすぎた費目を振り返り、「翌月はこの費目を引き締めよう」とやる気を高めます。

食材&献立リスト

冷蔵庫の扉にホワイトボードを掛け、今ある食材と献立予定をメモ。疲れて外食欲が出たとき
も、「献立を考えずに、あとは作るだけ」と思えば、予定外の支出を防げます。

今の家計と、これからかかるお金を見通したら、無理なく貯まった

<教えてくれた人>
『サンキュ!』読者 西野奈美さん〈仮名〉(北海道 46歳)
夫、長女( 16歳)、二女( 13歳)の4人家族。妻は週5日パート勤務。結婚当初からコツコツ15年かけて、貯蓄1000万円に!

「特別出費の予算は、子どもの進学に合わせて見直し。貯蓄できる額も見通しできて、慌てることがありません」。コツコツ積み上げた貯蓄は、ひと目でわかる一覧にすることで、さらなるやる気に!

My財産メモ

専用ノートに、年1回、すべての銀行口座の残高を書き出します。1ページに1年ずつ記録。年々着実に殖えていくのがわかるので、継続する力になっています。

特別出費一覧

特別出費はボーナスで準備しています。年間でかかる固定費のほか、次年度必要になる学校関連費なども記入。大きな出費があっても焦らず、貯蓄もキープできるようになりました。

参照:『サンキュ!』1月号「1000万円貯めた人の書いてるもの全部見せ!」より。掲載している情報は19年11月現在のものです。構成・文/宮原元美 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND