ビル

年収1,000万円でも贅沢できない?みんなのリアルな本音

2020/03/11

「年収1,000万円」と聞くとお金持ちのイメージが浮かびますよね。しかし、実際は年収1,000万円でも思い描いているような贅沢はできないようです。なぜ贅沢ができないのでしょうか?今回は「ウィメンズパーク」でみんなのリアルな声を調べてみました。

1. 税金が高すぎる!

年収が1,000万円を超えると、税金がぐっとあがってしまうようです。せっかく稼いだお金も税金に持っていかれて、結局年収700万円と同じ生活に……と嘆く人が多くいました。

・1,000万円あっても税金でもっていかれるし、補助金はもらえないし、夫はつきあいでお金使うし、つきあいがあるから夫の身なりはそれなりに整えなきゃいけないし……結局年収700万円の生活とかわらないんじゃ?というのが本音です。年収高いわりに苦労するのが年収1,000万円です。

・私は大阪に住んでいますが、とにかく税金が高いです。子どもは1人なのでなんとかなっていますが、2人以上の子どもに教育費がかかると考えると、理想のような贅沢はできないと思います。

・税金でもっていかれるので、手取りで考えると年収700~800万円世代と変わらないと思いますよ。そのくせに手当はすべて所得制限にひっかかりますし。その手取りのなかから貯金額を差し引いたら、毎月使えるお金はそれほど多くないのかもしれません。

2. 年収より住んでいる地域による

都道府県によって、家賃や物価も変わります。どこで暮らすかによって、生活水準も変わるでしょう。

・どこに住んで、どんな生活水準にするかで変わってくると思います。年収1,000万円でも贅沢できないという人は、それなりの家賃を払って土地価格も高い地域に住んでいるのではないでしょうか。生活水準が高い地域だと、ご近所づきあいでもそれなりにお金がかかりそうですしね。

・場所によると思います。都内だと家賃は高いし戸建てを買うのも高い。地方都市はご飯もおいしいし交通も便利だし、人気ですよね。

・住んでいる都道府県によっては野菜の価格から違うし、場所によって違うのかもしれませんね。私の友人はよく近所の農家のかたから新鮮な野菜をもらっているようで、素敵だなと思います。私はお金じゃなくて、そういう優しさのほうが贅沢だと思いますよ。

3. 贅沢の考えかたにもよる

そもそも贅沢とはどういうことなのか?年収1,000万円の生活を「贅沢な暮らし」だと思うか、「当たりまえの暮らし」だと思うか、考えかたにもよるとの声もありました。

・贅沢の基準は人それぞれなので判断が微妙ですが、それなりの家に住み、子どもを私立学校に進学させ、車も購入し維持費を支払って……と考えると、贅沢はできないと思います。これを贅沢だと考えるか必要経費だと考えるかによると思いますよ。

・贅沢かどうかを決めるのは、その人の価値観だと思います。子ども3人、専業主婦希望、子どもは全員私立にいれたい、と考えると年収1,000万円ではたりないと思います。その生活を贅沢だと考える人もいるし、当たりまえだと考える人もいるでしょう。

4. まとめ

やはり税金に頭を悩ませている人が多いようでした。年収1,000万円を超えると税金だけでなく、手当や補助が受けられなくなってしまうことも痛手のようです。年収ではなく、贅沢な生活とはなにかを考えてみるのがいいのかもしれません。

■文中のコメントは「ウィメンズパーク」から再編集したものです。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND