脂肪男性の胃

万年ダイエッターを卒業!リバウンドを防ぐ方法とは?

2019/08/14

何度もダイエットしているのに、何度もリバウンドしてしまう……。そんな人のために、今回はダイエッターが実践したリバウンドを防ぐ方法をご紹介します。食べる量を減らすことより、もっと大切なことがあるかも……?

体重計には毎日乗る

出典:サンキュ!ブロガーみい太さん

油断してリバウンドしてしまったみい太さん。運動や食事制限で1カ月で2kgも落としたようですが、今回のリバウンドで「体重計には毎日乗るべき」だと思い知らされたといいます。毎日数字に振りまわされるのが嫌で体重計を避けていましたが、リバウンドしてから焦るよりも毎日体重を意識するほうが体にいいと気づいたようですよ。

自分のストレスとクセの傾向を知る

出典:サンキュ!ブロガーみい太さん

みい太さんはリバウンドしてしまう自分を知るため、「自分のストレスとクセの傾向を書き出す」取り組みを始めました。書き出すことで、自分が”やりたいこと”の中に”叶わないとイライラする”ことがあるのを知りました。おかげで、目指す自分にそぐわないとやけ食いしてしまうことに気がついたようです。

やせる方法より太らない方法をみつける

出典:サンキュ!ブロガーみい太さん

日々ダイエットに励むみい太さん。そんなとき、1冊の本に出会い「痩せる方法より太らない生活をしていく」ことがダイエット成功への道だと気づいたようです。痩せている人の生活を真似をして太らない生活を意識すれば、体重をキープできるというもの。続けていくうちに、太らない生活が定着するようになるのだといいます。

負担にならないエクササイズを続ける

出典:サンキュ!ブロガーみい太さん

みい太さんが続けているエクササイズは「テレビを観ながらお腹をへこませること」。毎日3秒×20回お腹をへこませるだけで、1日でウエスト-1cmを実現させたとか!?座ってゆっくりしているときにできるので、負担なく続けられます。時間はかかりますが、確実に前進している実感があるようです。

理想の体重をキープするためには、まず自分を知り、負担にならない「太らない生活」を送ることが大切なようですね。ダイエットが成功しても、リバウンドしてしまってはせっかくの苦労が水の泡!急激に痩せるのではなく、生活習慣を見直して「痩せる生活」を送りましょう。

(参照: 口コミサンキュ!
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承く
ださい。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※ご紹介した内容は個人の感想です。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND