睡眠不足は太ります!昼寝で上手に解消する方法とは?

2019/08/08

毎日忙しくて夜寝る時間を充分にとれない……だからといって休日に寝だめをすると、その夜の睡眠リズムがくずれる原因に。日々の睡眠不足解消には、休日の寝だめよりも毎日の昼寝が効果的なんです。昼すぎに眠くなるのは自然な体内リズムでもあるので、昼食後の休憩時間をお昼寝タイムにしてみませんか?

30分以内の昼寝で、たまった睡眠負債をコツコツ返済

昼寝はあくまで仮眠なので、横にならず、いすなどに座った状態で行い、時間は15~30分にとどめるのが正解です。カフェインの覚醒効果は摂取後30分程度で表れるので、昼寝前にカフェイン入りの飲み物をとるといいでしょう。「たとえ眠れなくても、目をとじているだけで目から入る情報をシャットダウンでき、自律神経を休めることが可能。気分もスッキリしますよ」(睡眠と疲労の専門医・梶本さん)

ベストな昼寝スタイル

机に伏せて寝るなら、昼寝用の枕などで姿勢を安定させると◎。長時間の昼寝は眠りが深くなって目覚めにくくなるので、30分以内が目安。夜の睡眠に影響がないよう15時までに取って。

寝具選びのポイント

(1)マットレス
硬すぎても柔らかすぎてもダメですが、やや硬めのほうが寝返りを打ちやすくなります。「実際に店頭で寝てみて、店員さんに体の落ち込みぐあいを確認してもらって」(睡眠コンサルタント・友野さん)

(2)枕
頭だけでなく、首も自然な形で支えられる物がベスト。「横向きのときに枕が低すぎる人が多いので、あおむけだけでなく、横向きになったときの高さもチェックを」(梶本さん)

★お昼寝用枕が便利!
接触冷感素材でひんやり。保冷剤やスマホを入れられるマルチポケットつき。

(左)「konemuri おひるねピローイルカ」(50×25㎝)¥4,104、( 右)「konemuri おひ
るねピロークラゲ」(51×37㎝)¥4,104/西川(株)大阪オフィス
☎06・6262・9114

1日の約3分の1を睡眠時間とすると、人生の約3分の1が睡眠時間ということに!使用時間や頻度から考えても、寝具にこそこだわり、お金をかけるべきなのです。眠りの質を上げることが人生の質を上げることになるかも!?

みんな上手にお昼寝をしていた!

休日に夫婦交代でお昼寝しています

日々忙しくしていると、週末にドカッと疲れが出がち。どうしてもしんどいときは、「30分だけ寝るね」と宣言し、夫に子どもたちの面倒をお任せ。夫婦交代でお昼寝することも(ふわふわパンさん/香川県36歳)

買い物帰りにウトウトお昼寝

車の振動が眠気を誘うのか、二男は車に乗るとよく寝てくれたので、買い物のときは寄り道ドライブ。涼しい日は、エンジンを切って窓を開け、自分も一緒に仮眠を取ることも(ごえもんママさん/東京都39歳)

<教えてくれた人>
・梶本修身さん
睡眠と疲労の専門医。医学博士。東京疲労・睡眠クリニック院長。「ホンマでっか!?TV」出演など、疲労医学の専門家としてメディアでも活躍。『マンガでスッキリ!疲れを取るなら脳を休めなさい』(永岡書店)など著書多数。

・友野なおさん
睡眠コンサルタント。SEA Trinity代表取締役。自身の睡眠を改善し、ダイエットや体質改善に成功。眠りのプロとして講演活動や企業の商品開発などに従事。『正しい眠り方』(WAVE出版)など著書多数。

参照:『サンキュ!』8月号「その不調、睡眠で解決します!」より。掲載している情報は19年6月現在のものです。

イラスト/松元まり子 構成・文/鹿島由紀子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND