新鮮なスナック、デイライトとしてアボカドトーストと女性保持プレートのクローズアップ。

食事管理と運動で体重-13.5kg&体脂肪率-10%の減量に成功!無理のない低糖質メニューの内容とは?

2020/05/24

糖質や脂質を制限した食事管理は、つらく大変なものだと思っていませんか?今回は、無理のない食事管理とパーソナルジムでのトレーニングで、-13.5kgの減量に成功した女性の食事記録をご紹介します。

-13.5kgの減量に成功するために実践したダイエット法

出典:Instagramアカウント「picazapjapan」

糖質・タンパク質・脂質の管理と週に数回パーソナルジムでのトレーニングを実践して、-13.5kgの減量に成功したpicazapjapanさん。ある日の朝食メニューは、鮭の塩焼き、オムレツ、いんげんのソテー、サラダ、めかぶ、バターコーヒーでした。夜は外食の予定なので、しっかりと低糖質を意識したメニューにしたのだそう。

食事管理の中でも食べられる食材で楽しくダイエット

出典:Instagramアカウント「picazapjapan」

朝食に、チーズオムレツ、エリンギの塩焼き、残り物の鍋、ささみの薫製をのせたサラダ食べました。糖質や脂質を管理するダイエットはそれぞれ大変なこともありますが、食べられる食材はいろいろあるので、楽しくダイエットを続けられているそうです。

汁物とめかぶを意識して食べる

出典:Instagramアカウント「picazapjapan」

またある日の昼食は、鮭の塩焼き、チーズオムレツ、かきのオイル漬け、ネギキムチ、サラダ、めかぶ、ほうれん草と油揚げのみそ汁でした。食事にはなるべく汁物とめかぶをつけること、トレーニングの前日の夕食にプロテインを飲むこと、トレーニング前後は最低1駅分歩くことを目標に設定しています。

トレーニング前後は糖質を摂取して調整する

出典:Instagramアカウント「picazapjapan」

トレーニングの前後には糖質を摂取することも意識しています。そこで、トレーニング前の昼食では、エリンギといんげんのソテー、ささみの薫製をのせたサラダ、クラムチャウダーに、発芽玄米80gもプラス。終わったあとには草大福を食べることを楽しみに、トレーニングに励みました。

罪悪感なし!黒ごまきなこクッキーレシピ

出典:Instagramアカウント「picazapjapan」

罪悪感のないお菓子を求めて、低糖質クッキーのレシピも考案。低糖質菓子用のMIX粉・アーモンドプードル・きなこ・黒ごまを・MCTオイル・水を混ぜてつくった生地を伸ばし、型抜きして180℃のオーブンで17分焼いたら完成。甘さ控えめで食物繊維たっぷりの、おなかにも優しいクッキーです。

最初の4カ月で-12kgの減量に成功したあとも、目標に向かって努力を続けています。栄養価を計算しながらも、いろいろな食材を楽しみながら取り入れていますね。食べないダイエットから脱却したいと考えているかたは、ぜひ参考にしてみてください。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※ご紹介した内容は個人の感想です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND