心配な表情でスキンケアをしている女性

これをサボると5歳老け見え…アラフォーが絶対手を抜いてはいけない5つのメイクポイント

2020/08/07

老け見えを防ぐためにも、40代がメイクの際に絶対に手を抜いてはいけないポイントとは?ヘアメイクアップアーティストの榊美奈子さんが5つのポイントを伝授してくれました!

1 ファンデーションはスポンジを使う!

ファンデーションはスポンジを使って肌に密着させましょう。化粧くずれもしにくくなりますよ。いくらよいファンデーションを使っても、肌に密着していないときちんと毛穴が隠れず、ただ厚塗りになっているだけ…なんて残念なことにも。

また、塗りムラがあるとダサいですよね。とくに暑い時期は、額に汗が溜まって筋になりがち!生え際までしっかりとスポンジで優しく叩き伸ばしてね。

そして、スポンジをはじめ道具は常に清潔に!すべてのメイクの大前提です!

2 眉頭はボカす!

deniskomarov/gettyimages

眉は描いても、眉頭をボカしていないかた、意外と多いですよ!眉頭をボカさないとだらしない感じに見えてしまいます。スクリューブラシでボカしてあげることで、左右のバランスがよくなり、フワッとキレイな眉になりますよ。

また、眉尻もスッと抜けていないと、顔全体の締まりが悪くなります。描いたあと、綿棒でなぞってあげましょう。

3 アイラインはまつ毛の間を埋める!

アイラインを描く際、まつ毛の上部分ばかり意識していませんか?それだとせっかくアイラインを引いても、目をクッキリとさせる効果が弱まってしまいます。目元がボンヤリしてきたというかたは、上ばかりたすのではなく、まつ毛の間を埋めていくようにラインを引きましょう。とくに目尻部分に隙間のあるかたが多いので気をつけてね。

4 チークは頬の上にフンワリと!

チークを頬骨の上に乗せるのはNGです。黒目の下辺り、頬の上部分にフンワリと乗せましょう。手を抜いて一発で塗ろうとすると塗りムラが出てしまうので、何回か重ね塗りをするようにね。

5 口角を意識して描く!

リップライナーが適用されます。
VladimirFLoyd/gettyimages

リップを塗る際には、口角の上と下がきちんと繋がるように意識してね。リフトアップにも繋がりますよ。色が乗っているだけでかわいいのは若いうちだけです。若見えのためにも、40代はしっかりと口角を締めることが大事です。

それぞれのパーツメイクに一手間加えることで、若々しさを取りもどしましょう!

教えてくれたのは・・・

榊美奈子さん

ヘアメイクアップアーティスト。1967年東京生まれ。4年半の美容室勤務の後、沢田哲哉氏に師事。30歳で独立し、現在に至る。スチールを中心に女性誌、広告で幅広く活躍。不定期でメイクレッスンも開催。



取材・文/岸沙織

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND