灰色の背景の彼女の手と彼女の拒否を示す黒のスーツ ビジネス ・ ウーマン

コレがあったら「汚い家」認定は避けられない!?片づけのプロが家に置かない・捨てたもの

2019/05/20

キレイな家はものが少ない――当たり前のことですが、実践するとなると意外と難しいですよね。今回は、予約半年待ちの「片づけ名人」である山口奈穂子さんに、プロの視点から「家に置かない・捨てるべきもの」について教えてもらいました。もしコレが家にあったら、周囲から汚い家と思われてしまうかもしれませんよ!


■教えてくれたのは・・・山口奈穂子さん
カジタクに所属する、予約半年待ちの「片づけ名人」。定期家事代行、整理収納サービスの経験を活かし現在は新人スタッフの教育を行うトレーナーも担当。整理収納アドバイザー1級ほか、整理収納の資格を多数保有している。

家に置かない・捨てるべきもの1:不要なダンボール

プリティ ・ ウーマン オンライン ショッピング宅配ボックスを開く
PRImageFactory/gettyimages

引っ越し時に出た段ボールや、ネット通販で購入した商品が入っていた段ボールなどを、家の中に置きっぱなしにしていませんか?もしあったら、いますぐ捨てましょう。

段ボールはものを運ぶときや一時的な収納には大変便利ですが、室内の目に見えるところにあると途端に、お部屋が「倉庫」や「物置」のような印象になってしまいます。

また収納という点においても、じつはちゃんと管理しないと逆効果になることも。中身が見えないので、なんとなくものを入れてそのまま保存すると、何が入っているダンボールなのかが開けるまでわからない事態に。

余程の理由がない限り、ダンボールは家に置かない。用が済んだら中身を出して、すぐ捨てるようにしましょう。

家に置かない・捨てるべきもの2:放置してあるぬいぐるみ

カラフルな子供のおもちゃフレームのセットです。コピーのテキストのための領域
Avosb/gettyimages

ふわふわモコモコでかわいいぬいぐるみ。なんとなく捨てづらいものですが、とくに思い入れもなく、ホコリまみれになっているようであれば、いますぐ手放すべきでしょう。

ホコリをかぶったぬいぐるみは、見た目が美しくないだけでなく、ホコリとダニによる健康被害が起きる可能性もあるからです。大切にしたいお気に入りのぬいぐるみは、定期的にホコリをチェックし、場合によっては洗濯するようにしてください。

家に置かない・捨てるべきもの3:足に合わなくなった靴

女性靴ハイアングル
seb_ra/gettyimages

履くと脚が痛くなる、履き心地が悪い…けど、せっかく買った靴を手放すのは躊躇してしまう、という人は少なくないでしょう。

しかし、いくらステキな靴でも、合わない靴を我慢して履いて歩いている姿は、はたから見ても無理しているなとわかってしまいますよね。なにより、ご自身の健康に影響してしまいます。履かない靴は限りある収納スペースを無駄にすることにもなるので、思い切って手放しましょう。

家に置かない・捨てるべきもの4:開封から時間が経った粉もの類

小麦粉瓶
commonthings/gettyimages

小麦粉などの粉ものは、乾燥しているので一見日持ちしそうなイメージがありますが、じつは意外と消費期限が短め。お砂糖やお塩と同類だと思わないように注意が必要です。

とくに常温で保存していた場合、商品の劣化よりも害虫の発生に伴うアレルギーの問題が深刻です。開封から時間が経った粉もの類は捨てて、新しいものを使うようにしましょう。

家に置かない・捨てるべきもの5:最近使っていない化粧品

メイクアップ製品をお肌の調子とお肌の
pogrebkov/gettyimages

消費期限がわかりにくい化粧品ですが、年月とともに、自分の皮脂と混じりあったり、劣化したりしています。とあるメイクの先生のお話だと、化粧品の使用期限は1年という説も。

なんとなく古くさい感じがするもの、肌に合わないもの、似合ってないもの、使っていないものは「今まできれいにしてくれてありがとう」と感謝して手放しましょう。

まとめ

どれも意外と家に置きがち、ありがちなものばかりですね。改めて室内をチェックして、もし今回紹介したものがあったら、すぐに捨ててしまいましょう!



協力・・・

カジタク

家事の宅配「カジタク」。安心のイオングループとして、家事代行以外にも、プロの整理収納プラン「片付け名人」や、日頃お掃除できないところをプロにお任せする「ハウスクリーニング」など、これまで約70万件の家事サービスを提供。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND