電子座席自動フラッシュ、日本様式便器、高技術衛生陶器トイレ。

減らしてキレイに!トイレを清潔に保つために"やめたこと"

2019/07/27

きれいに掃除していても、どうしても汚れ、ニオイが気になってしまうトイレ。今回は、トイレをきれいに保つために、みんなが「やめたこと」をご紹介します。トイレ掃除は増やすのではなく、減らすことがきれいを保つ秘訣かも……!?

トイレ掃除に対するストレスを排除する

出典:サンキュ!ブロガーoguriさん

トイレ掃除が苦手なoguriさんは、「トイレ掃除は週1回」と回数を減らすように。便器の黒ずみはトイレスタンプで予防、嫌悪感を抱くトイレブラシは排除し、使い捨てブラシを使用。周辺は洗剤で汚れるたびに拭くだけ。これで掃除のストレスを取り除くことができたそうです。

トイレ内のタオルを取り除く

出典:サンキュ!ブロガー森田法子さん

森田法子さんは、来客時以外、トイレにタオルをかけることをやめました。タオルがなくても、手はトイレを出てから洗面台で洗うことで解決!毎回タオルを代える手間もなくなり、見た目もスッキリ。衛生面が気になるため、マットやカバーなどの布類は置かないようにしているのだといいます。

大胆に断捨離してミニマムトイレに

水クローゼットの壁に近代的な電気トイレとコントロールパッド
pedphoto36pm/gettyimages

Ri-no1989さんはトイレを清潔に保つために、トイレカバー、便座カバー、スリッパ、トイレブラシを断捨離しました。マットやカバー、スリッパをなくすことで、汚れたところをすぐに拭き取れるようになりました。雑菌が繁殖しそうなトイレブラシも使い捨てに変更し、常に清潔を保つミニマムトイレに!

サニタリーボックスは紙袋で代用

白い背景の上のお弁当袋
chengyuzheng/gettyimages

Ri-no1989さんは、床に置かなければいけない・においがこもってしまうなどの理由で、思いきってサニタリーボックスも断捨離。サニタリーボックスの代用は、中が見えない紙袋。ゴミを紙袋に入れてクリップで封をし、溜まれば紙袋ごと捨てられるのだとか。トイレもすっきりするうえに、そのまま捨てられるのは便利ですね。

トイレを清潔に保つ秘訣は「やめること、捨てること」でした。とくに、トイレマットやカバーなどの布類は、取り除くことで掃除がしやすくなったと考える人が多いようです。思いきって断捨離し、トイレをすっきりさせてみてくださいね。

(参照: 口コミサンキュ!
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND