掃除機での主婦クリーニング

みんなの「やめた家事」4選!やめることでぐっと時短に・プチストレス解消になるかも!?

2020/08/07

少しでも自分の時間をつくりたいのに、家事に追われてゆっくりできない!そう悩んでいる人は多いのではないでしょうか?今回は、やめて時短になった家事を4つご紹介します。ささいなことでも、やめるだけでぐっと気持ちが楽になるかもしれませんよ。

掃除用具を減らして掃除のハードルを下げる

出典:サンキュ!STYLEライターシンプリストうたさん

掃除が苦手なサンキュ!STYLEライターシンプリストうたさんは、掃除用具をたくさん持つことをやめたといいます。掃除がおっくうになる原因はものの多さだと気づき、掃除方法もシンプルに考えるようにしたのだとか。掃除機と布拭きワイパーの2つのみを常備し、洗剤もウタマロ1本で掃除のハードルを下げたようです。

洗濯の3つの作業をやめて20分時短に

出典:サンキュ!STYLEライターシンプリストうたさん

ほかにも、シンプリストうたさんは洗濯を楽にするため「ベランダに干す」「洗剤を使う」「畳む」の作業をやめたようです。部屋干しすることでベランダへの行き来を減らし、「洗たくマグちゃん」という洗剤不要の商品を使い洗剤を撤去、洗たくものはハンガー収納で畳む作業を無くし、約20分の時短に成功したといいます。

食器は全部そろえてプチストレスを無くす

出典:サンキュ!STYLEライター福田由季子さん

サンキュ!STYLEライター福田由季子さんは、専用お茶碗とお箸をやめたようです。以前は家族それぞれの食器を用意していましたがお茶碗は全て同じ大きさに、お箸も全て同じものにし、箸ボックスに入れカウンターキッチンに置くようにしたのだとか。自分のものを探す手間も省け食器棚への出し入れも楽になったようです。

家事シェアで自分だけが家事をする習慣をやめる

出典:サンキュ!STYLEライター明日香さん

6児ママのサンキュ!STYLEライター明日香さんは、家族と家事をシェアして自分だけが家事をする習慣をやめたようです。麦茶づくりやトイレットペーパーの補充、ゴミ分別など名もなき家事と呼ばれる家事ほどシェアにおすすめだといいます。家事=家族の仕事と意識改革することで、家族の幸せにも繋がったといいます。

ものを減らしたり、作業をなくしたり、皆さんさまざまな工夫をして家事を時短にしているようでした。やめていい家事は、意外とたくさんあるのかもしれませんよ。ご紹介したことを参考に、改めて家中を見渡して時短にできないか考えてみてくださいね。

(参照: サンキュ!STYLE
※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND