ボリュームサブおかずは地味なあいつに頼るべし!コツ4選

2019/10/06

価格も手ごろで便利なのに、なかなかメインになれない食材ってありますよね。今回は、それらを使った食べ応え抜群のサブおかずをご紹介します。オーブントースターや電子レンジを使えば、メインを作っている間にあっという間に完成!食材選びのコツさえ押さえれば、ボリューム満点のサブおかずがラクラク作れます。

1:ハムやベーコンよりソーセージ

ソーセージオムレツ

【材料と作り方】
(4人分・直径19㎝高さ約3㎝の耐熱容器1台分)
ボウルに卵3個を溶き、幅1㎝の輪切りにしたソーセージ5本分(100g)、ピザ用チーズ大3(30g)、ドライパセリ小1を混ぜ、耐熱容器に流す。予熱したオーブントースターで12~13分焼く(途中、焦げそうならアルミホイルをかぶせる)。

2:ツナ缶よりさば缶や鮭缶

さば缶とピーマンのケチャップ炒め

【材料(4人分)と作り方】
直径20㎝の耐熱ボウルに、ケチャップ大3、しょうゆ小、こしょう少々、オリーブ油小2を入れて混ぜ、汁けをきって粗くほぐしたさば水煮缶1缶(約190g)、乱切りにしたピーマン4個分(120g)を加えてざっと混ぜる。ふんわりとラップを掛け、電子レンジで6分加熱し、混ぜる。

鮭缶と長いものみそチーズ焼き

【材料(4人分)と作り方】
耐熱容器に手でひげを取り、幅5㎜の輪切りにした長いも150gを広げ、汁けをきった鮭水煮缶(小)1缶(90g)を粗くほぐしてのせる。ねぎのみじん切り大4、みそ大2、砂糖大1、削り節(2.5g入り)1/2袋を混ぜてかけ、ピザ用チーズ大4(40g)をのせる。予熱したオーブントースターで焼き色がつくまで10分ほど焼く(途中、焦げそうならアルミホイルをかぶせる)。

3:油揚げより厚揚げ

厚揚げ田楽

【材料(4人分)と作り方】
厚揚げ1枚(250g)はペーパータオルで油を押さえ、8等分に切ってアルミホイルを敷いたオーブントースターの天板に並べ、みそ、砂糖各大1、水大1/2を混ぜて塗る。予熱したオーブントースターで10分ほど焼く。器に盛り、万能ねぎ1 ~2本の小口切りをかける。

4:かにかまよりはんぺん

はんぺんのねぎマヨ焼き

【材料(4人分)と作り方】
はんぺん(小)2枚(150g)を一口大にちぎり、耐熱容器に入れる。マヨネーズ大4 に小口切りにしたねぎ1/2本(50g)を混ぜてかけ、アルミホイルをかぶせる。予熱したオーブントースターで5分ほど焼く。アルミホイルをはずし、さらに3分ほど、焼き色がつくまで焼く。

●電子レンジの加熱時間は、600Wの場合の目安です。電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体が、ちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります( 突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。
●オーブントースターの焼き時間は、900~1000Wの場合の目安です。

参照:『サンキュ!』10月号「平日の夕飯は、最小限の手間で乗り切る!」より。掲載している情報は19年8月現在のものです。

調理/小林まさみ 撮影/木村拓(東京料理写真) 構成・文/春日井富喜 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND