入浴後の「5分掃除」で大掃除からサヨナラ!プロのワザ紹介

2019/11/20

浴室や洗面所などの水回りは、放っておくとすぐに汚れてしまう…。しかし、面倒だからといって掃除をつい先延ばしにしてしまうと、水垢汚れはなかなか落ちなくなってしまいます。そこで今回は、掃除のプロが短時間でできる“小掃除ワザ”を伝授。プロのワザを使えば、短時間でも汚れが落ちます!

<教えてくれた人>
尾崎真さん
全国にハウスクリーニングのサービスを展開するおそうじ本舗の技術責任者。ハウスクリーニング技能士の国家資格を持ち、商品やサービスの開発にも携わる。さまざまなメディアで活躍。
https://www.osoujihonpo.com/

洗面台(所要時間5分)

1:ナイロンタオルでこする

洗面ボウルはアルカリ電解水をかけナイロンタオルでこする。蛇口はナイロンタオルに歯磨き粉をつけ写真のようにこする。水で流しから拭き。

2:鏡はマイクロファイバークロスで

マイクロファイバークロスにアルカリ電解水をスプレーして拭く。ほか、洗面台に備えつけの収納棚などは古タオル+アルカリ電解水で拭く。

浴室の小物(所要時間5分)

1:カードでこすり、ラップを掛ける

石けんカス汚れは、斜めに切ったカードでこすってからアルカリ電解水をスプレーし、ラップを掛けて10分ほどおく。

2:スポンジでこすり、すすぐ

スポンジでこすり、ザラザラがまだ残っている部分をさらにカードでこする。ザラザラがなくなったら、シャワーで洗い流す。

浴室天井(所要時間10分)

1:フロアモップ+ナイロンタオルでこする

フロアモップにナイロンタオルをつけ、アルカリ電解水をスプレーし、天井をこする。目に見えないカビが発生していることもあるのでしっかりと。

2:古タオルにつけ替え、から拭きで仕上げ

古タオルにつけ替えて、天井をから拭きして仕上げる。アルカリ電解水だと水で流すことが必須ではないので、天井掃除もラクにできる。

浴槽など(所要時間10分)

1:洗車ブラシでこする

浴室全体にシャワーで湯をかけ汚れをゆるめ、アルカリ電解水をスプレーし、1~2分おいて洗車ブラシでこする。すき間に毛先が入り洗いやすい。

2:水で流し、ワイパーで水きり

水のシャワーで洗い流し、水きりワイパーで水をきる。浴槽のフチなどは水がたまって水跡が残りやすいので、しっかり水きりを。

汚れに応じた道具使いでピカピカに!水回りの掃除はまとめてやるのではなく、入浴後などにちょっとずつ進めるといいですよ。

参照:『サンキュ!』12月号「年末までの5分・10分『小掃除』リスト」より。掲載している情報は18年10月現在のものです。撮影/林ひろし 構成・文/石川理恵 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND