【重曹・クエン酸・ウタマロ・オキシ】けっきょどこに何を使うのが正解?洗浄剤の使い方まとめ

2021/05/17

ハウスクリーニングや家事代行、不用品回収、引越しなど、暮らしにまつわることならなんでもおまかせ!

この記事では、「こまった」を抱える人と、それを解決するプロをつなぐオンラインサービス「くらしのマーケット」さんに、いますぐ役立つ暮らしのテクニックを紹介してもらいます。

洗剤にも適材適所がある!

さまざまな洗剤がありすぎて、何を使えばよいのか分からない……なんて思いませんか?

今回は、この記事さえ見れば「どこにその洗浄剤を使えば良いのか」すぐに分かるようにまとめました!

洗浄剤と汚れの関係

軽い汚れには「中性洗剤」
汚れの種類:ホコリ、床のシミなど、汚れてからあまり時間の経っていないもの
対応する洗浄剤:ウタマロなどの中性洗剤

酸性の汚れには「アルカリ性の洗浄剤」
汚れの種類:油汚れ、皮脂汚れ、カビなど
対応する洗浄剤:重曹(弱アルカリ性)、オキシクリーン(強アルカリ性)

アルカリ性の汚れには「酸性の洗浄剤」
汚れの種類:水垢など
対応する洗浄剤:クエン酸

【早見表】洗浄剤別の使用場所

●リビング:ウタマロ
●五徳:重曹
●レンジ:重曹
●冷蔵庫:重曹
●換気扇:オキシクリーン
●風呂全体:オキシクリーン
●鏡と蛇口:クエン酸
●洗面台:ウタマロ
●洗濯槽:オキシクリーン
●洗濯機周り:ウタマロ
●便器内:クエン酸と重曹
●手洗い場:クエン酸

リビングの掃除

基本的には、掃除機やフローリングワイパーのみでOK!ただし、床が汚れている場合にはウタマロで掃除しましょう。

リビングの汚れは、ホコリがほとんどを占めます。ホコリは掃除機やフローリングワイパーである程度取り除くことができます。

床に黒ずみやシミがある場合には、ウタマロを使ってみましょう!また、こびりついたホコリには重曹を使います。

キッチンの掃除

基本的には重曹を使いましょう。

キッチンの汚れは、ギトギトした油汚れ。油汚れは酸性の汚れなので、アルカリ性の重曹を使って落としましょう。

また、しつこい油汚れが付着している換気扇は、オキシ漬けをすることで、スムーズに汚れを落とすことが可能です。

例外的に、蛇口の水垢には酸性のクエン酸。パックをするように使うのをおすすめします!

お風呂の掃除

オキシクリーンで一掃しましょう!

お風呂の汚れの多くは酸性のもの。具体的には、ピンクカビ・黒カビ・石鹸カス・皮脂汚れなどが挙げられます。これらの汚れを落とすには、アルカリ性のオキシクリーンがおすすめ!

お風呂掃除は、一気にオキシ漬けすることで、時短でキレイにすることができますよ。鏡と蛇口には、クエン酸のパックがいいですよ!

洗面台の掃除

基本的にはクエン酸!

洗面台は水をたくさん使うので、水垢がこびりついてしまいがち。アルカリ性の水垢は、酸性のクエン酸で落としましょう。洗面台周りがホコリで汚れている場合には、ウタマロを使いましょう。

洗濯機の掃除

オキシ漬けしましょう!

洗濯機には、皮脂汚れやホコリがたまっています。オキシ漬けして、一気に汚れを取り除きましょう。また、洗濯機にホコリがかぶっている場合には、ウタマロを使いましょう。

トイレの掃除

クエン酸と重曹が基本です!

トイレの汚れは、アルカリ性のアンモニア。そのため、酸性のクエン酸で汚れを落としましょう。さらに、重曹を加えることで、汚れを浮かせることができ、落としやすくできますよ!

【関連動画】結局、重曹とクエン酸って何が違うの?

■教えてくれたのは・・・

くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級のインターネット商店街です。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND