大きな金属フライパン、画像の収集

「ステンレスフライパン」のおすすめ商品19選!使うときのポイントを解説

2021/10/17

「ステンレスフライパン」は保温性に優れており、無水調理なども可能です。この記事では、「ステンレスフライパン」の選び方やメリット、おすすめの商品などを紹介していきます。自分に合った「ステンレスフライパン」を選んでみましょう。

今すぐできる素敵なくらしのアイデアを毎日発信中。お金の貯め方から、時短掃除、洗濯、料理作りなどの家事の知恵、...

>>>サンキュ!編集部の記事をもっと見る

「ステンレスフライパン」の選び方5つ

netrun78/gettyimages

「ステンレスフライパン」は、見た目がおしゃれなうえに丈夫で比較的長持ちしやすいのが特徴。

鉄のフライパンと比較すると保温性に優れており、余熱調理が必要な料理に適しています。保温性が高いことを利用すれば、野菜をおいしく仕上げる無水調理も可能です。

ここでは「ステンレスフライパン」の選び方のポイントを5つ紹介していきます。

選び方1:暮らしにあったサイズや重さを選ぶ

「ステレスフライパン」は一般的なフライパンと比較すると、ずっしりとした重量があります。大きめのサイズは扱いが難しくなるため、暮らしにあったジャストサイズを選びましょう。

一人暮らしは20cm前後、2人~3人家族だと26cm前後、4人以上だと28cm以上のフライパンがおすすめです。必要以上に大きいサイズのフライパンは選ばず、生活にあったものを選びましょう。

選び方2:多層構造に注目して選ぶ

保温性に優れている「ステンレスフライパン」は熱伝導性が低く、熱が本体に行き渡るまでに時間がかかってしまうという欠点があります。

それを解消するためには、ステンレス素材の間に他の金属を挟み込んだ多層構造のフライパンを選ぶのがおすすめです。多層構造の商品はステンレスの熱伝導性が低い欠点を、挟み込んだ金属が補うことで温まりやすく保温性も高いフライパンになります。

無水調理をしたい場合は、底だけでなく側面も多層構造になっているフライパンを選びましょう。ムラなく熱が通り、食材をおいしく仕上げられます。

選び方3:取っ手が取れるかどうかで選ぶ

ステンレスは熱に強い素材です。「ステンレスフライパン」も例外ではなく、熱に強い特徴をいかしてオーブン調理をすることもできます。

しかしフライパンの取っ手部分が高温に耐えられない場合や、取っ手があることでオーブンに入らない可能性もあるため、注意が必要です。「ステンレスフライパン」でオーブン調理をしてみたい方は、取っ手が取れる商品を選びましょう。

選び方4:IHに対応しているかどうかで選ぶ

調理にIHクッキングヒーターを使っている方や、家がオール電化の方は、購入する「ステンレスフライパン」がIHに対応しているかどうかも確認しておきましょう。

「ステンレスフライパン」は素材の性質上、IHに対応していることがほとんどですが、ごく稀に非対応の商品もあります。購入した商品が使えないということがないよう、IH対応の可否を確認しておくと安心です。

選び方5:フッ素加工の有無で選ぶ

「ステンレスフライパン」は一般的なフライパンと比較すると、食材が焦げ付きやすいという難点があります。焦げ付きを防ぐためには、フッ素加工などのコーティングがされているものを選ぶとよいでしょう。

長い年数使いたい場合には、頑丈なチタンコーティングが施されているものもおすすめです。また、大きめの具材を焼く場合には、底だけではなく側面もコーティングされているものを選びましょう。ステーキや焼き魚などの端が焦げ付かず、簡単にお手入れできます。

「ステンレスフライパン」のおすすめ19選

今回はステンレスフライパンのおすすめ19選をご紹介します。

なお、本記事で紹介するおすすめ商品につきましては、Amazonを始めとした各種ECサイト上のランキング・口コミを総合的に判断し、独自の算出方法により選出しております。

おすすめ1:VitaCraft ソフィアII フライパン

出典:Amazon

ナヴァロン3コートという独自のフッ素コーティングで、焦げ付きにくいだけでなく摩耗にも強い「ステンレスフライパン」です。

ガスはもちろんIHにも対応しており、幅広い熱源で使えます。全面がアルミニウム・ステンレスの2層構造となっているため、保温性もあるでしょう。使いやすいサイズを選べるのもポイントです。


■商品詳細
層|底2層(アルミニウム・ステンレス)
形状|円形
サイズ|20cm・22cm・24cm・26cm・28cm
重さ|654g・726g・796g・974g・1080g
蓋の有無|別売り
コーティング|高密度3層フッ素樹脂コーティング
取っ手の着脱|×
対応熱源|ガス・IH・ハロゲン・ラジエント・シーズ
食洗機対応|-

おすすめ2:T-fal インジニオ・ネオ IHステンレス エクセレンス

出典:Amazon

取っ手が取れてオーブンでも使える、T-falの「ステンレスフライパン」です。

強力なチタン粒子を配合した6層のコーティングが施されており、摩耗に強く高い耐久性を誇ります。予熱ができたことをお知らせしてくれるお知らせマークがあり、食材を入れるタイミングが一目でわかります。さらに食洗器で洗えるため、お手入れも簡単です。

使いやすさはもちろん、収納のしやすさにもこだわりたい方におすすめでしょう。


■商品詳細
層|6層
形状|円形
サイズ|26cm
重さ|1030g
蓋の有無|〇
コーティング|チタンコーティング
取っ手の着脱|〇
対応熱源|ガス・電気プレートコイル・セラミックヒーター・ハロゲン・IH
食洗機対応|〇

おすすめ3:ジオ・プロダクト ソテーパン

出典:Amazon

フライパンと煮込み鍋の両方に使える、底が深めの「ステンレスフライパン」です。

全面7層構造のため油分の多い食材の調理にも適しており、無油・無加水調理ができます。コーティングは施されていませんが、底が3mmと分厚いため調理中でも焦げ付きにくくなっています。

そのまま食卓に並べてもおしゃれに見えるフライパンです。


■商品詳細
層|全面7層
形状|円形
サイズ|21cm・25cm
重さ|1490g・1920g
蓋の有無|〇
コーティング|×
取っ手の着脱|×
対応熱源|ガス・ハロゲン・クッキングヒーター・IH・オーブン
食洗機対応|-

おすすめ4:Zwilling バイタリティ フライパン

出典:Amazon

優れた熱伝導による蓄熱性を備えた、Zwillingの「ステンレスフライパン」です。

分厚い底にアルミニウムコアを仕込んだ3層のシグマクラシック構造で、ステンレス素材でありながら高い熱伝導性を実現しています。ステンレス素材由来の保温性にも優れているため、ジューシーな肉料理をおいしく仕上げたいときにもおすすめだといえるでしょう。


■商品詳細
層|底3層(シグマクラシック構造)
形状|円形
サイズ|26cm
重さ|-
蓋の有無|別売り
コーティング|×
取っ手の着脱|×
対応熱源|IH・ガス・オーブン
食洗機対応|〇

おすすめ5:KIPROSTAR 業務用ステンレスフライパン

出典:Amazon

プロの使用にも耐えられる調理機器として作られた、業務用の「ステンレスフライパン」です。鏡面加工されたフライパンにはコーティングではなくヘアライン加工が施されており、表面の美しさを保ちつつも焦げ付きにくさを実現しています。

3層構造の底は厚みがあり、高い熱伝導性と保温性を誇ります。持ち手に加工がされていないため、オーブンでの使用も可能です。


■商品詳細
層|底3層(ステンレス18-0・アルミニウム)
形状|円形
サイズ|28cm
重さ|約1300g
蓋の有無|-
コーティング|×
取っ手の着脱|×
対応熱源|ガス・IH・エンクロ・シーズ・ラジエント
食洗機対応|〇

おすすめ6:CRISTEL ノンスティック・フライパン

出典:Amazon

持ち手が両側に付いた独特な見た目が特徴の「ステンレスフライパン」です。持ち手が小さいためオーブンへの出し入れがしやすく、お菓子やオーブン料理を作るのに適しています。

フッ素コーティングが内側に施されているため食材が焦げ付かず、快適に料理ができます。底は3層構造となっているため、高い熱伝導性と保温性で様々な食品をおいしく仕上げることが可能です。


■商品詳細
層|底3層(ステンレス・アルミニウム)
形状|円形
サイズ|16cm・20cm・22cm・24cm・26cm・28cm
重さ|500g・700g・800g・1000g・1150g・1260g
蓋の有無|別売り
コーティング|フッ素コーティング
取っ手の着脱|×
対応熱源|ガス・IH・電気・ハロゲン・オーブン
食洗機対応|×

おすすめ7:VitaCraft プロ フライパン

出典:Amazon

業務用での使用も可能な、VitaCraftの中でも耐久性を重視した「ステンレスフライパン」です。熱伝導性に優れた全面5層構造で、底だけではなく側面にもまんべんなく熱が行き渡ります。

別売りの蓋は本体と密着するように作られているため熱や水分が逃げにくく、無加水調理にもおすすめの「ステンレスフライパン」だといえるでしょう。


■商品詳細
層|全面5層
形状|円形
サイズ|20cm・24cm・28cm
重さ|780g・1030g・1890g
蓋の有無|別売り
コーティング|×
取っ手の着脱|×
対応熱源|ガス・IH・ハロゲン・ラジエント・シーズ
食洗機対応|-

おすすめ8:WMF ミニ フライパン

出典:Amazon

一人暮らしの方にぴったりな、ミニサイズの「ステンレスフライパン」です。直径18cmとかなり小ぶりで、一人暮らしの方の料理にはもちろん、サイドディッシュやソース用のサブフライパンとしても大活躍します。

底には3層構造のトランサム・ユニバースベースを採用しており、小さいながらも高い保温性と熱伝導性を実現しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WMF ミニフライパン18cm W0718806041 IH・ガス火両用
価格:5320円(税込、送料無料) (2021/8/5時点)


■商品詳細
層|底3層構造(トランサム・ユニバースベース)
形状|円形
サイズ|18cm
重さ|600g
蓋の有無|×
コーティング|×
取っ手の着脱|×
対応熱源|IH・ガス・エンクロ・ラジエント
食洗機対応|-

おすすめ9:Fissler クリスピープレミアム

出典:Amazon

高温で一気に焼き上げる肉料理に適した「ステンレスフライパン」です。底面に独自の凹凸加工であるノボグリルが施されており、肉の脂を落としながらカリッとジューシーに焼き上げることができます。

どこから注いでも液だれしないフチの構造は、ソースを作って肉にかける際にも周りを汚しません。


■商品詳細
層|-
形状|円形
サイズ|20cm・24cm・26cm・28cm
重さ|700g・1100g・1400g・1800g
蓋の有無|別売り
コーティング|×
取っ手の着脱|×
対応熱源|ガス・ハロゲン・IH・オーブン
食洗機対応|〇

おすすめ10:T-fal コンフォートマックスIH ステンレス フライパン

出典:Amazon

シンプルで飽きのこないデザインが特徴の、取っ手が取れる「ステンレスフライパン」です。T-fal独自の3層パワーレジストコーティングが施されており、食材がフライパンにこびり付きにくくなっています。

底面は3層構造となっているうえに予熱完了をお知らせするマークが付いているため、料理初心者でも使いやすいフライパンだといえるでしょう。


■商品詳細
層|底3層
形状|円形
サイズ|20cm
重さ|570g
蓋の有無|別売り
コーティング|3層パワーレジストコーティング
取っ手の着脱|〇
対応熱源|ガス・IH・電気プレートコイル・セラミック・ハロゲン
食洗機対応|-

おすすめ11:MEYER ステンレススチール フライパン

出典:Amazon

調理器具メーカーのMEYERから販売されている「ステンレスフライパン」です。底面が3層構造となっており、優れた蓄熱性と保温性を併せ持ちます。

内側にはフッ素コーティングが施されているため、卵などの焦げ付きやすい食材も剥がれやすいでしょう。また、ハンドルは熱を帯びにくいフェノール樹脂でできているため、長時間料理をしていても熱くなりにくいです。


■商品詳細
層|底3層
形状|円形
サイズ|20cm・26cm
重さ|556g・1000g
蓋の有無|別売り
コーティング|フッ素樹脂加工
取っ手の着脱|×
対応熱源|ガス・IH
食洗機対応|-

おすすめ12:IKEA SENSUELL

出典:Amazon

北欧風の家具やキッチン用品を販売しているIKEAの「ステンレスフライパン」です。25年の品質保証が付いているため、長期間安心して使用できます。柄の裏にはシリコンゴムが付いているため熱くなりにくく、しっかりと快適に握ることが可能です。


■商品詳細
層|底3層
形状|円形
サイズ|24cm
重さ|-
蓋の有無|別売り
コーティング|-
取っ手の着脱|×
対応熱源|ガス・IH・ラジエント・電気コンロ・オーブン
食洗機対応|-

おすすめ13:アイリスオーヤマ フライパン

出典:Amazon

比較的リーズナブルな価格で質のよい日用品を販売している、アイリスオーヤマから発売された「ステンレスフライパン」です。内側にはダイヤモンドコートが施され、摩耗に強いつくりとなっています。

全面3層構造で底も分厚いため、しっかりとした蓄熱・保温性と傷の入りにくさを実現しています。


■商品詳細
層|全面3層
形状|円形
サイズ|20cm・26cm・28cm
重さ|-
蓋の有無|別売り
コーティング|フッ素樹脂加工
取っ手の着脱|×
対応熱源|ガス・IH・ラジエント・電気ヒーター・オーブン
食洗機対応|-

おすすめ14:北陸アルミニウム プロクックSTフライパン

出典:Amazon

表面をサテンで仕上げた見た目も美しい「ステンレスフライパン」です。3層クラッド構造のため、蓄熱性と保温性に優れています。また、プロ仕様で耐久性もあるため、長く使えるフライパンでしょう。

サイズ展開が豊富で、様々な世帯におすすめできるフライパンだといえるでしょう。


■商品詳細
層|3層
形状|円形
サイズ|20cm・22cm・24cm・26cm・28cm・30cm・32cm
重さ|700g・900g・1000g・1200g・1400g・1600g・1800g
蓋の有無|-
コーティング|-
取っ手の着脱|×
対応熱源|IH対応
食洗機対応|〇

おすすめ15:VitaCraft オレゴン フライパン

出典:Amazon

表面が鏡面仕上げになっている、オールステンレスの「ステンレスフライパン」です。熱の通りが均等な全面5層構造で、野菜の無加水調理などにも適しています。持ち手には穴が開いているため、フックなどに吊るして保管することが可能です。


■商品詳細
層|全面5層
形状|円形
サイズ|25.5cm
重さ|1600g
蓋の有無|専用蓋付き
コーティング|×
取っ手の着脱|×
対応熱源|ガス・IH・ハロゲン・ラジエント・シーズ
食洗機対応|-

おすすめ16:FISSLER アダマント コンフォート

出典:Amazon

炭化ケイ素とフッ素を組み合わせた特殊なコーティングを施すことで、食材がこびり付きにくい「ステンレスフライパン」です。

人間工学に基づいたセーフティハンドルを搭載しており、濡れた手でも滑りにくく安全に使いやすいフライパンだといえるでしょう。側面は垂直に高さがあるため、煮汁がこぼれにくく煮物にも使えます。


■商品詳細
層|2層
形状|円形
サイズ|20cm・26cm・28cm
重さ|780g・1400g・1490g
蓋の有無|別売り
コーティング|アダマント特殊コーティング
取っ手の着脱|×
対応熱源|ガス・IH・電気コイル・ハロゲン
食洗機対応|-

おすすめ17:フレーバーストーン ソテーパン

出典:Amazon

食材のこびり付きを防ぐ3層コーティングが表面に施されている「ステンレスフライパン」です。コーティングの金属の3層に、熱伝導性の良いアルミニウムコア・耐熱シリコン・ステンレスを使用しているため、フライパン全体に熱が均等に行きわたります。

カラーリングは赤とブロンズゴールドの2種があり、フライパンの見た目にもこだわりたい方におすすめです。


■商品詳細
層|底6層・側面5層
形状|円形
サイズ|20cm・24cm・28cm
重さ|680g・900g・1070g
蓋の有無|28cmのみ蓋付き(他は別売り)
コーティング|フレーバーストーン独自コーティング
取っ手の着脱|×
対応熱源|ガス・電気・セラミック・IH
食洗機対応|-

おすすめ18:Zwilling Pro SSフライパン

出典:Amazon

Zwillingから発売されているプロ仕様の「ステンレスフライパン」です。ステンレスをチタン合金で加工しているので傷や錆が付きにくく、長く使用できるでしょう。

深さがあるため、煮物やスープなどの調理も可能です。


■商品詳細
層|全面3層
形状|円形
サイズ|26cm
重さ|1200g
蓋の有無|×
コーティング|-
取っ手の着脱|×
対応熱源|ガス・IHを含む全ての熱源に対応
食洗機対応|〇

おすすめ19:グッドプラス ラフォルジュ フライパン

出典:Amazon

特殊なブラスト加工を施した内面が美しい「ステンレスフライパン」です。

全面2層構造を採用しており、食材をムラなく加熱できます。ブラスト加工の上にはさらにフッ素コーティングが施され、食材がこびり付きにくくなっています。コンパクト設計のステンレスハンドルも特徴的です。


■商品詳細
層|全面2層
形状|円形
サイズ|16cm
重さ|350g
蓋の有無|-
コーティング|ブラスト加工+フッ素コーティング
取っ手の着脱|×
対応熱源|IH・ガス・オーブン
食洗機対応|-

「ステンレスフライパン」のメリット・デメリット

「ステンレスフライパン」には、耐熱性が高く保温性に優れているというメリットがあります。

しっかり余熱することで保温性が上がり、じっくり火を通す必要がある料理をおいしく仕上げることが可能です。錆びにくく温度変化にも強いため、お手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。

一方「ステンレスフライパン」のデメリットは、焦げ付きやすく熱伝導が遅いという点です。これらのデメリットはコーティングされていたり、多層構造になっていたりするものを使えば解決できます。

「ステンレスフライパン」を使うときのポイント3つ

シェフは、調理のプロセスを制御します。
Koldunov/gettyimages

ここでは「ステンレスフライパン」を使うときにおさえておきたいポイントを解説していきます。

以下のポイントに気を付けて、「ステンレスフライパン」を上手く使いこなせるようになりましょう。

ポイント1:しっかり予熱する

「ステンレスフライパン」は素材の性質上、なかなか温まりにくいフライパンです。フライパンを使う前には、しっかりと予熱しましょう。

油は引かず中火で温め、水滴がフライパンの上で転がるようになれば予熱は完了です。温度が低い状態で調理をしたい場合は、濡らしたふきんをフライパンに乗せて、温度を下げるとよいでしょう。

ポイント2:使用後はすぐに洗う

「ステンレスフライパン」を調理で使ったあとは、必ずすぐに洗うようにしましょう。

「ステンレスフライパン」は他のフライパンとは異なり、熱の変化にも強い素材でできています。そのため調理後熱い状態で洗っても問題はありません。使ったらさっと水に浸けて、汚れを落としてからしっかり洗いましょう。

ポイント3:焦げはお湯で浸け置き洗い

「ステンレスフライパン」がもし焦げ付いてしまったら、お湯で浸け置き洗いをしてみてください。

その際には重曹を入れておくと、より焦げを落とす効果が期待できます。半日ほど置いたら水を捨て、傷が付かないようにアクリルたわしなどで優しく焦げを取りましょう。どうしても焦げが落ちない場合には、市販のステンレスクリーナーを使うのもおすすめです。

自分に合った「ステンレスフライパン」を選ぼう

白い背景に分離された鋼のフライパン
Bet_Noire/gettyimages

「ステンレスフライパン」は見た目が美しいだけでなく、優れた保温性で料理をおいしく仕上げることができる調理器具です。フライパンとして使うだけでなく、取っ手が取れるものを選べばオーブン料理にも使えます。

紹介した内容を参考に様々なサイズや形、コーティングの種類の中から、自分に合ったお気に入りのフライパンを選んでみてください。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND