汁を捨てた後、水で流すだけではダメ!シンクを傷めてしまうNG行為

2021/08/30

ハウスクリーニングや家事代行、不用品回収、引越しなど、暮らしにまつわることならなんでもおまかせ!

この記事では、「こまった」を抱える人と、それを解決するプロをつなぐオンラインサービス「くらしのマーケット」さんに、いますぐ役立つ暮らしのテクニックを紹介してもらいます。

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンライン...

>>>くらしのマーケットの記事をもっと見る

長く使うためのシンクの正しい使い方を紹介!

ステンレスシンクを傷めて取り替え…なんてことになると、数十万円の出費に!できるだけ長く使いたいものですね。

今回は、長く使うためのシンクの正しい使い方を紹介します。

シンクの使い方のNG行為を見つつ、どうやって扱うのがベストか見ていきましょう!

×カップ麺の汁を流した後、流水でシンクを流すだけ

ステンレスのシンクに塩分の濃いものを放置しておくと、錆びてしまう可能性があります!

カップ麺の汁をシンクに流した後、流水ですすぐだけでは、塩分が残ってしまいやすいんです。

なので、シンクに汁を流した後に、シュッとかけるだけの食器用洗剤などで、汚れをしっかり落としておきましょうね!

×パスタを茹でた熱湯をすぐシンクに流す

沸騰直後の熱湯をシンクに流し続けると、排水管を傷めてしまうことになります!

なぜなら、基本的に排水管は62℃〜72℃しか耐熱できないから。

トングでパスタの麺をつかむようにして、熱湯が冷めてからシンクに流すようにしましょう!

×表記を見ずに、シンクにクレンザーを使っている

研磨剤の割合が高すぎるクレンザーでシンクをこすってしまうと、傷をつけてしまいます。傷がつくとカビやすくなる原因にも!

目安としては、20%程度までのクレンザーであれば、比較的傷がつきにくいですよ。

【番外篇】排水管のふだんの掃除はお湯でOK

45℃程度のお湯をシンクに半分ほどためてから、一気にお湯を抜きましょう!

それだけで、排水管に付着してしまいがちな油汚れを温めて落とすことができます。

(45℃程度であれば、排水管を傷めることなく、汚れを落としやすい温度です)

■教えてくれたのは・・・

くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級のインターネット商店街です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND