500g入りで約500円!スープの具材にもメインのおかずにもなる業務スーパーの優秀冷凍食材とは!?

2021/05/09

業務スーパーのおすすめ商品を、アスリートフードマイスター2級の資格を持ち、家庭料理のお店で料理長として勤務する調理師のタナカ*タカコさんに教えてもらいました。

食べやすいサイズのカニカマが50個以上入って約500円!

今回ご紹介するのは、冷凍食材の「カニ爪風かまぼこ」。500g入りで価格は筆者購入時点で535円でした。

ただのカニカマではなく「カニ爪風」というところが、業務スーパーらしさを感じるカニカマです。

カニカマ1つあたりのサイズは、約3cm×約4.5cmで厚さは約1cm。食べやすいサイズにカットされたカニカマが、50個以上入っている大容量の商品です。

冷凍の状態で、パラパラと離れてくれるので、小分け保存がとってもラクなのもうれしいポイントです。

冷凍のまま調理するならアレンジ豊富なスープがおすすめ!

冷凍のまま使う場合におすすめなのが、スープです。今回は、カニ爪風かまぼことコーン、玉子を使用しました。

1.カニ爪風かまぼことコーン(缶詰のコーンを使う場合は、汁ごと)を入れた鍋に水を入れて、沸騰させる
2.味つけは塩と醤油(カニカマとコーンからうまみが出るので、ダシなしでOK)
3.よく溶いた玉子を鍋に回し入れて完成。

玉子を回し入れる前に、鍋の中をお玉などでグルグルとかき混ぜて渦巻の水流をつくります。その水流に逆らうように玉子を回し入れると、玉子がふんわり仕上がります。

包丁を使わずにつくれるスープなので、在宅勤務の昼食や自炊を始めたばかりのかたにもおすすめ。味つけを味噌にすれば味噌汁に、玉子の代わりに牛乳を入れればクラムチャウダー風にと、アレンジが広がるスープです。

なお、サラダや炒め物に「カニ爪風かまぼこ」を使用する場合は、冷蔵庫で解凍してから使いましょう。

料理のプロいちおしは「天ぷら」!

「カニ爪風かまぼこ」の一番おすすめの食べ方は、天ぷらです。なんとカニカマが、食卓の主役料理に変身します。

作り方は一般的な天ぷらと同じで、溶いたてんぷら粉を絡めて、油で揚げるだけ。見た目に特別感はないのですが、1つ食べたら、もう1つ、もう1つと箸が進んでしまう一品です。

何もつけずにそのまま食べても「カニ爪風かまぼこ」自体の味がちょうどよい塩梅で、サクサクした衣と、ふわっとほどけるカニカマのバランスがたまりません。家飲みのおつまみにも最高です!

ごはんの上にのせて天丼風にして食べるときは、醤油はもちろんのことソースもオススメです。ごはんにのせたカニカマ天ぷらの上からタラ~っとかけて、お召し上がりください。



◆執筆/調理士 タナカ*タカコさん
サンキュ!公式インスタグラマー、アスリートフードマイスター2級。家庭料理のお店で料理長として勤務の傍ら、SSS-Style+フード部門担当としてお料理講座や調理代行サービスを行う。

※商品情報は記事執筆時点のものです。店舗によっては取り扱いがない場合があります。
※IHクッキングヒーターをご使用の場合は、説明書を確認し、指定の油量を必ず守って調理してください。
※記事内の表示価格は、とくに記載のない場合、税込表示です。軽減税率の適用により価格が変動する場合もあります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND