ミニマリズムトレンド。女性の手は、黄色の背景に赤い革の財布を取ります。トップビュー

9月21日にやらないと金運が下がることとは!?【Dr.コパの風水解説】

2021/08/30

気がつけば、もう9月。秋風が立ち始めるころになりました。そして、いろいろあった令和3年も3分の2がすぎてしまい、残すところあと4カ月。9月の運気はどうなっているのでしょうか?

風水の第一人者Dr.コパに、「9月に金運を上げる風水」について教えてもらいました。

"西に黄色で金運アップ”を日本中に広めた、ご存じ風水の伝道者。▶Dr.コパの記事一覧

>>>Dr.コパの記事をもっと見る

中秋の名月で金運を爆上げする!

9月21日は中秋の名月。まん丸で黄金色に輝く満月はまさしく金運の象徴。このパワーを活用しない手はないね。

お月見は必ずしようね。東南や南に窓がある部屋がお月見には最適。太陽と同じように月も東から昇って西に沈むから、夜8~9時ごろの満月は東南方位にある。つまり南から東南にかけて窓がある部屋だと、バッチリ満月が見られるというわけだね。

窓辺にススキ、お団子、秋の果物、日本酒を置けばOK。お団子は15個、果実はナシ、ブドウ、柿がいいね。秋の実りの果実がムーンパワーを引き寄せてくれるよ。「最近、ツイてない!」という人は盛り塩をいっしょにお供えするといいね。

21日に限らず、この日の前後は月が満ちているから月の光を浴びよう。金運が吸収できるよ。

2021年9月の開運風水

2021年9月の運気を上げる開運アクションを紹介します。

9月9日に「菊酒」を飲む

9月9日は「重陽の節句」。「菊の節句」ともいい、日本酒を注いだ器に菊の花びらを浮かべて飲むと健康運が上がります。また黄色い菊の花びらは金運アップにも効果あり。

中秋の名月に財布をかざす

ススキと月
gyro/gettyimages

中秋の名月には金運を引き寄せる強力なパワーがあります。月の光に財布をかざすと、財布に金運がつきます。お金やカード類をすべて出して、キレイな布でひと拭きしてから月にかざしましょう。

新米ときのこを食べる

新米は実りの秋をあらわす金運食材。しいたけ、まいたけ、しめじなどのきのこ類は不動産運、財産運、蓄財運を上げます。

山吹色で金運アップ!

金運カラーといえば黄色ですが、9月は秋らしく濃い目の黄色の山吹色が吉。

睡眠をしっかりとる

夏の疲れが残っている場合は早めに就寝して睡眠時間をしっかり確保しましょう。体に疲れがたまっていると金運も衰弱します。

まとめ

8月までの運気がパッとしなかった人は9月が挽回のチャンス。ここでしっかり運気を立て直して、残り4カ月を完走しましょう。風水を味方につけて運気を上げて!

監修/Dr.コパ 文/村越克子

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND