祭りのための伝統的な日本の人形

3月の運気を上げる必勝風水!

2022/02/27

2022年がスタートして約2カ月が経過しました。昨年末にコロナが落ち着いてきたとホッとしたのもつかの間、現在は変異株の感染が広がっています。このまま、今年も残念な1年間になってしまうのでしょうか?風水でなんとかできないものなのでしょうか?

風水の第一人者Dr.コパに、「2022年3月に金運を上げる風水」について教えてもらいました。

"西に黄色で金運アップ”を日本中に広めた、ご存じ風水の伝道者。▶Dr.コパの記事一覧

>>>Dr.コパの記事をもっと見る

吉方位の温泉に浸かれば一生お金に困らない

風水では「弥生3月、吉方位の温泉に入ると衣類に困らない」と言うんだよ。「衣類」とは、着るもの=衣食住のこと。つまり、3月は吉方位に出かけて温泉に入ると、一生お金に困らないくらい運気が上がるということだね。

とはいうものの、新型コロナのせいで、温泉に出かけるのはなかなかむずかしいかもしれないね。

そういう場合は、入浴剤などで家でのバスタイムを充実させよう。

温泉に出かけるとしたら、「真北」「真南」「南西」は避けること。雪見ができる露天風呂がある温泉は運気が上がるよ。温泉に入って、地元のもの、とくに魚介類を食べて、日本酒を飲む……これが、3月の最強の開運アクションだね。

2022年3月の開運風水

2022年3月の運気を上げる開運アクションを紹介します。

おひなさまは北側の部屋に飾る

ひな壇は向かって右側にピンク色の桃の花、左側に黄色の実がついた橘を飾ります。じつは、ひな壇の飾り方にも風水の考え方が活かされているのです。ひな壇を北側に置くと、「東南にピンク」で良縁を、「西に黄色」で金運アップに。おひなさまは北側に飾りましょう。

おひなさまの近くに財布を置く

3月3日の夜は、おひなさまの近くに財布を置いて寝ましょう。桃の花のピンクは金運のある人間関係運を上げ、橘の実の黄色は金運カラー。近くに財布を置くと、財布の金運が上がります。

ホワイトデーのお返しを忘れずに

パステルブルーの背景に白いリボンの弓を持つ赤いギフトボックスを持つ女性の手。クリスマス、新年、バレンタインデーと誕生日のコンセプト。最小フラットレイスタイルコンポジション�
photoguns/gettyimages

バレンタインデーにチョコをもらった人は、お返しをしましょう。運のお返しをすることで、運気のバランスがよくなり、次の新しい運気が入ってきやすくなります。

お彼岸にはお墓参りをする

3月18日~24日が春のお彼岸。この期間にお墓参りをしましょう。お墓のまわりの雑草を抜いたり、墓石やその周辺をキレイに掃除して、墓前で手を合わせます。ご先祖様がパワーを授けてくれます。

お墓参りができない場合は、お墓のある方向に向かって手を合わせるだけでもOK。

母校を訪ねる

日本の春
7maru/gettyimages

風水では「ツキが落ちかけたら出身校に行け」と言います。3月は卒業式のシーズン。卒業して、もう何年も経つ母校ですが、久しぶりに訪ねるとツキが挽回できることも。

別れと同時に出会いのチャンスがあるのが3月。母校を訪ねることが、新しい運気につながります。

花柄ファッションが運気を上げる

3月は花柄が幸運を運んできます。服装やインテリアに花柄を取り入れましょう。

まとめ

卒業や人事異動がある3月は別れの時期。別れがあれば、出会いもあります。出会いは新しい運気をつかむチャンス。風水で自分の運気を上げて、金運につながるいい出会いをつかみましょう。


監修/Dr.コパ 文/村越克子

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND