ビニール袋にごみを持っている手

クサイ生ゴミ臭……ゴミ出しの日までどうやって保管する?みんながやってる生ゴミの臭い対策

2020/07/26

暑いこの時期は生ゴミが臭いやすくなるため、処理がむずかしいですよね。今回は「ウィメンズパーク」で、みんながやってる生ゴミの臭い対策を調べました。嫌な生ゴミ臭も、これらの対策するだけで抑えられるかも……?

1. 冷蔵庫・冷凍庫にいれておく

1番多かったのが、冷蔵庫・冷凍庫にいれておくこと。とくに冷凍しておけばまったく臭わず、おすすめだと絶賛する人が多くいました。

・冷凍庫に入れていますよ。生ゴミといっても、ついさっきまで冷蔵庫に入っていたものの切れ端ですので大丈夫ですよ!場所は取りますが、臭いもしないしおすすめです。

・生ゴミは水気を切って冷凍しています。悪臭しませんよ。

・100均で買ったケースにビニール袋をセットし、その中に空気を抜いた生ごみをいれ、それを冷凍庫に入れています。捨てる直前に冷凍庫から出せば臭いも出ないし、水も垂れませんよ。

・冷蔵庫の野菜室に入れています。冷蔵庫が臭ったことはありません。

・冷凍庫だと、とにかく臭いません。ただ、冷凍庫に生ゴミを入れておいたことを忘れてしまうことも……。しっかり覚えておかないと、スペースばかり使ってしまいますよ。

2. 新聞紙に包んで捨てている

2番目に多かったのが、新聞紙に包んでから捨てる方法。ただ1枚包むだけで、ぐっと悪臭を抑えられるのだとか。

・ネットをかけた三角コーナーに生ごみを捨て、食器洗いが終わったらネットを取り外し、ビニール袋に入れます。それを新聞紙で包んでからゴミ箱に捨てています。新聞紙なら消臭効果もあり、お金もかかりません。ゴミの量が増えるんじゃないかと心配してましたが、それも問題ないですよ。

・新聞紙に包んで捨てていますよ。ビニール袋に生ゴミを入れて、空気を抜き、縛ったものを新聞紙に包むだけで、不思議と臭いが軽減されるんです。ぜひ試してみてください。

・うちでは、水気をよく切った生ごみをポリ袋に入れて、新聞紙で包んでから捨てています。うちはキッチン内のゴミ箱に入れていますが、ベランダだと高温になるので、臭うかもしれませんね……。

3. そのほかにもさまざまな方法が

ほかにも、こんな対策をしている人たちもいました。

・袋を2重にして、密閉式のゴミ箱に捨てています。ゴミ箱の中にもビニール袋を2枚敷いて、その上にさらに大きめの袋をいれ、ゴミを捨てるたびに口を緩く閉じています。外に臭いが漏れたことはないです。収集の日にゴミをまとめるときには臭いますが、すぐに口を締めれば気にならないですし、虫が出てきたこともありません。

・生ゴミ処理機を外に置いています。臭いも抑えられて、量も1/7くらいになって軽いですよ。1週間分溜めてから捨ててます。おすすめです!

・傷む前の生ゴミなら、ポリ袋にまとめておけば、そこまで不快な臭いはでないと思いますよ。減らしたいのであれば、そもそも生ゴミを極力少なくするのが1番いいと思います。

4. まとめ

少しスペースは取りますが、生ゴミは冷凍庫や冷蔵庫に保管しておくのが、臭い対策としては1番有効のようでした。しかし、まずはそもそもの食品ロスを減らし、生ゴミの量を減らすことが1番有効かもしれません。暑いこの時期、ぜひ参考にしてくださいね!

■文中のコメントは「ウィメンズパーク」から再編集したものです。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND