家で宿題をしている女の子

子どもの成績も運気もグングン上がる“リビング学習”風水6つ【Dr.コパの風水解説】

2020/06/08

小学生低学年ころまでは、キッチンにいるママの目が届くダイニングテーブルで勉強をする子どもが多いようです。でも、それって、風水的にはOKなのでしょうか?

風水の第一人者Dr.コパに「子どもの成績も運気もグングン上がる“リビング学習”風水」を教えてもらいました。

才能運を上げるリビングで勉強するのはOK風水

風水では「リビングは家族の才能を発見して開花させる場所」と考えるんだね。だから、リビングで勉強するのはOKだよ。一般の家ではリビングとダイニングがつながっているから、ダイニングテーブルで勉強するのもOK。

ダイニングテーブルのある空間は子ども部屋より広いし、日当たりもいいから子ども部屋で勉強するよりも、才能運アップにはいい影響があるかもしれないね。ただし、いくつか注意点があるから、いまからそれを教えるよ。

“リビング学習”で子どもの成績と運気を上げるポイント6つ

“リビング学習”は基本的にはOK風水ですが、気をつけるべきポイントを紹介します。

1.ダイニングテーブに調味料を置いたままはNG

キッチン醤油
kazoka30/gettyimages

ダイニングテーブで勉強するのはOKですが、食卓としてのテーブルと勉強するための机の“けじめ”をつけることが大事。食卓用の調味料、ランチョンマット、箸入れなど食事に関係するものは移動させましょう。またテーブルをふきんで拭いてから勉強するように。

2.キッチンから離れた席に座る

キッチンは火と水のダメージがある空間。一般的にダイニングテーブはキッチンの近くにあるので、そのダメージを受けやすくなります。ダメージを回避するために、キッチンからいちばん遠い席に子どもを座らせましょう。

3.テーブルの上に盛り塩とミニグリーンを置く

清めの作用がある粗塩と才能を開花させる作用があるグリーンをテーブルに置きます。100円のミニ観葉植物や小さなグラスに挿したグリーンでOK。

4.イスに緑色のクッションを置く

緑色には才能運や健康運を上げるパワーがあります。イスに緑色のクッションを置いたり、足元に緑色のマットを敷くと学習効果が上がります。

5.国語は東側の席、算数は南側の席で

「東」は文系の才能を、「南」は理系の才能を伸ばします。国語、英語、社会の勉強は東側の席で、算数や理科の勉強は南側の席ですること。科目によって席を替えましょう。

6.1科目ごとに部屋の換気をする

リビングルームでカーテンを開ける若い女性
west/gettyimages

たとえば国語と算数の宿題が出ているときは、1科目終わったら部屋の換気をします。新鮮な外気を入れることで、新しい運気が入ってきます。気分転換にも◎。

まとめ

リビングで勉強する場合は、リビングを学習向きの環境に整えることが大事。“リビング学習”風水を実行すれば、成績が上がるだけではなく、子どもの運気も上がります。運気が上がれば、子どもが本来持っている才能が大きく開花することに。OK風水で「運のいい子」に育ててあげてください。

監修/Dr.コパ 文/村越克子

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND