アジア女性を彼女のベッドでコーヒーとウェイク アップを完全に飲んで休んで、サンシャインに新鮮な空気を得るために朝のカーテンを開ける

何気ない朝の習慣が不運を呼ぶ!朝のNG風水5つ【Dr.コパの風水解説】

2020/06/23

朝起きてから無意識のうちに毎日やっていることのなかに、運気を下げることがあるかも?毎日のことなので、その悪影響は積もり積もってどんどん大きくなっていくと思うと、ちょっと怖~い!!

風水の第一人者Dr.コパに、「不運を呼ぶ朝のNG風水」を教えてもらいました。

1日のスタートの運気の善し悪しは、じつは前日の夜に決まる

たいていの人は「1日は朝から始まる」と思っているよね?でも風水的には、じつは前の晩、就寝するときに翌日の運気が決まるんだよ。

寝るときには、明日のことを考えながら寝ること。明日やるべきことを朝から順を追って思い浮かべながら睡眠に入ると、心身ともに明日を迎える準備ができる。体も心も脳も、新しい1日に向かって準備万端ということだね。その状態で朝を迎えることが、いい運気をつかむんだよ。

寝るときは今日1日のいいことと、明日起こるいいことを思いながら寝よう。間違っても今日終わったことをウジウジ考えながら寝ちゃダメだよ。不運を翌日に持ち越すことになるからね。

不運を呼ぶ朝のNG風水

朝しがちなこんなことが、1日の運気を下げることに。

NG1.「あ~ぁ、今日も仕事か~」と言う

若い女性は頭痛がする
SB/gettyimages

朝起きたときに、「今日も仕事か~、会社に行くのヤダな~」とか「なんかやる気出ないな~」などネガティブなことを言うのはNG。ネガティブな言葉は不運を呼びます。

NG2.寝室の窓をすぐに開けない

人は睡眠中に体内にたまった厄を吐き出すので、寝室には厄が充満しています。朝起きたら一番に窓を開けて運気と空気の換気をしましょう。

NG3.パジャマを着たまま朝食をつくる

パジャマには、睡眠中に体内から吐き出した厄がたくさんついています。厄のついたパジャマのままで朝食をつくると朝食に厄が入り、せっかく吐き出した厄をまた体内に取り込むことに。

NG4.洗面所でメイクをする

虚栄心で化粧をする若い女性
west/gettyimages

洗面所は厄を落とす場所なので、そこらじゅうに厄がついています。そこでメイクをしても、健康的で美しいメイクはできません。メイクを落とすのはOK。

NG5.朝食を食べない

朝食を食べないのは、その日1日の幸運を放棄しているようなもの。体によくないだけではなく、運気的にも最悪です。コーヒーだけもNG。栄養をきちんと摂らないと運気が逃げていきます。

まとめ

朝起きてからすることがルーティンになっている人は多いはず。そのなかに上にあげたNG風水があったら、即刻やめましょう。また太陽が昇る「東」という方位は午前6時をあらわすので、朝はできれば6時までに起床するとその日の運気がアップします。

監修/Dr.コパ 文/村越克子

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND