時短でも栄養たっぷりのヒミツは…国産食材ならではの確かなおいしさ!

2021/03/01

忙しいときや疲れたときこそ、栄養たっぷりでおいしいものを食べたいですよね。しかも手軽に。そんなワガママを叶えてくれるのが、国産素材のおいしさを閉じ込めた全農の食材たち。素材がいいからこそのおいしさを、手間も時間もかけずに味わう贅沢をぜひ体験してください!

面倒な野菜の下処理はお任せ。栄養もおいしさも◎のストック食材

この投稿をInstagramで見る

kazuyo♡(@kazuyo.1219)がシェアした投稿

食事の準備をするときに面倒なのが、野菜の下処理。一つ一つ皮を剥いたり、下茹でしたり…考えるだけでおっくうになることもしばしば。そんな時にあると助かるのが、全農の「みんなのやさい」シリーズ。けんちん汁・豚汁用、筑前煮用など、作りたいメニューごとに欠かせない野菜が下処理した状態でパックされているから、袋を開けたらすぐに調理できるんです!

中でも人気なのが「みんなのやさい 肉じゃが・カレー用」で、サンキュ!全農部の内田かずよさんも普段から常備しているそう。

「下処理済みですぐに使えるのはもちろん、常温保存ができるからストックしやすいんです。先日はスーパーに行く予定だった日に、幼稚園が突然休校になってしまったのだけど、『みんなのやさい 肉じゃが・カレー用』のおかげでパパっとひと品作れてホッとしました。しかも国産野菜を使っているから、ストック食材なのにしっかりおいしくて満足度も高いんです♪」と内田さん。

時短料理にもぴったりなので、みなさんもぜひストックしてみて。


Amazonでも購入できる!「みんなのやさい」シリーズで国産野菜をお手軽に♪


旬の国産フルーツをギューッと!瓶につまった「おいしい♪」幸せ

この投稿をInstagramで見る

oshimi(@oshimin0039)がシェアした投稿

素材本来の風味が濃縮されている!と評判なのは、全農の「12か月のジャム」シリーズ。2月は宮崎県生まれの日向夏(ひゅうがなつ)。あまり聞きなじみがないかもしれませんが、さっぱりと清々しい果肉と、ほんのり甘いワタ(果皮の白い部分)が特徴です。柚子の変異種と考えられているそうで、今回のジャムにはピールも入っているとか。

こちらを焼き立てのパンにつけて食べたサンキュ!全農部のosshimiさん。ひと口食べて「お、お、おいしい~」と感動!

「柑橘系のジャムって苦味を感じることが多いけど、このジャムは甘みが爽やかですごく食べやすい! ほんのり甘めの食パンにもとっても合う!」と大絶賛の様子です。一緒に食べたお子さんも「ゆずみたいでおいしい♪」と気に入ってくれたよう。

ほかにも、ヨーグルトに入れたり、お湯に溶かして日向夏茶にしたりと楽しみ方はたくさんありますが、サンキュ!酒豪部でもあるoshimiさんは「きっと焼酎に入れてもおいしいよね!」と大人の楽しみ方を見つけたようです。


3月は「あすかルビー」が登場! JA全農「12か月のジャム」は毎月おいしい!



(まとめ)
国産の野菜や果物を手軽に味わえる全農の食材は、忙しい中でも家族においしい食事を作りたいと願うママたちの助けになりますね。常温で保存できるものも多いので、普段使いはもちろん、いざという時のためのストックにもおすすめです。

サンキュ!全農部の活動をもっと読みたい!食農育報道局TOPはこちら

協力/全国農業協同組合連合会

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND