36個入りで200円以下!?プロの調理師も驚いた業務スーパーの優秀食材「肉だんご」をアレンジレシピと合わせて紹介

2021/04/14

業務スーパーのおすすめ商品を、アスリートフードマイスター2級の資格を持ち、家庭料理のお店で料理長として勤務する調理師のタナカ*タカコさんに教えてもらいました。

驚きの価格!肉団子が36個も入って172円

今回紹介させていただく業務スーパーの「肉だんご」は、国産の鶏肉を使用して作られていて500g入りと、業務スーパーの商品の中では大きすぎず、使いやすい容量。しかも、172円というとってもお買い得な商品です。

「500gって、何個入りだろう……?」と思い、調理する前に並べてみました。

なんと36個も入っていました(袋によっては多少個数がことなることがあると考えられます)。加熱済の肉だんごが36個も入っていて172円という価格は、本当に驚きです。

業務スーパーの「肉だんご」を使ったアレンジレシピをご紹介!

袋の裏面に書いてあるように、カレーやシチューに、肉だんごの酢豚風、お鍋など、お好みの調理でお召し上がりいただけます。

冷凍で販売されていますので、冷蔵庫で解凍してから使用すると調理時間も短縮できます。

今回は、この業務スーパーの「肉だんご」を使ったメニューを2つ紹介します。まず1つ目は、「肉だんごのワンポットトマトパスタ」です。

アレンジレシピ:肉だんごのワンポットトマトパスタ

●材料
肉だんご1袋
玉ねぎ1個
カットトマト缶1個
お好みのパスタ250g
小松菜

●つくり方
1.700㏄のお湯に小さじ1の塩を入れ、パスタを茹でる。

2.パスタが茹であがる5分前になったら、薄切りにした玉ねぎ、トマト缶(缶に残ったトマトも少量の水で流して鍋に入れる)、肉だんごを入れます。

3.パスタが茹であがる2分前になったら、切った小松菜を入れる。

4.味噌大1~2を入れ、味を整える。

味付けの決め手は味噌。トマトとチーズが合うように、同じ発酵食品である味噌はトマトとの相性抜群です。ぜひお試しください。お好みで、粉チーズやパセリなどをトッピングしてください。

1つの鍋で、ボリュームたっぷりのパスタができあがります。

続いては、「肉だんごのガーリックチャーハン」です。

アレンジレシピ:肉だんごのガーリックチャーハン

●材料(2人前)
肉だんご10個
ごはん400g
たまご1個
塩、コショウ、ガーリックパウダー


包丁を使わない超簡単ズボラ飯です。肉だんごに焦げ目がつくぐらい焼くのが、よりおいしくつくるポイントです。

さらに、焼きながら肉だんごをヘラで半分~1/4に切りながら焼くとスプーンですくいやすいサイズになり、食べやすくなります。

あとは、普段のチャーハンと同じく、溶き卵とご飯を入れて炒めるだけの簡単チャーハンです。

包丁を使わないで済む料理は、洗い物が減って時短になるだけでなく、ふだん料理をしない人でもチャレンジしやすいのではないかなと思います。在宅勤務での昼食にいかがでしょうか?

業務スーパーの「肉だんご」は、ふんわりと柔らかく、さっぱりした味わいです。パサつきもなく、味付けも薄めなので和洋中どの料理にも合わせやすいで、ぜひお試しください。

◆執筆/調理士 タナカ*タカコさん
サンキュ!公式インスタグラマー、アスリートフードマイスター2級。家庭料理のお店で料理長として勤務の傍ら、SSS-Style+フード部門担当としてお料理講座や調理代行サービスを行う。

※商品情報は記事執筆時点のものです。店舗によっては取り扱いがない場合があります。
※記事内の表示価格は、とくに記載のない場合、税込表示です。軽減税率の適用により価格が変動する場合もあります。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND