1. トップ
  2. リビング
  3. マキさん流60点収納!「やりかけの物」について、悩むのをやめました

マキさん流60点収納!「やりかけの物」について、悩むのをやめました

2018/10/29【 リビング 】

片づけを始めても途中で邪魔が入ったり、ほかのところに目がいってしまって、つい”やりかけ”で終わってしまうことってありますよね。それが部屋のごちゃつきを生む原因。でも、最後まで完ぺきにするのもなかなか難しい……。そんなときは「あえて出しっ放しにする」のもありですよ。今回はアイテム別に、しまわない収納術をご紹介します。

子どもの物はダイニングのいすに!

読みかけの本や折り紙、毎日使う鉛筆や消しゴムは、1人分ずつバッグに入れてダイニングのいすに掛けるだけ。「早く片づけて」と叱ることもなくなります。

おもちゃは邪魔にならない場所に!

子どもにも都合があるので、親のルールを一方的に押しつけないようにしています。遊びかけのおもちゃは、子どもスペースからはみ出さなければムリに片づけなくても〇。

やりかけの資料はあえて見えるところに!

郵便物や未整理の書類は取りあえず棚の上に置き、3日以内にしまえばOKに。かごに入れるとかえって置き場をつくり、物が増えていくことになるので、あえて出しっ放しの状態に。

<教えてくれた人>
マキさん(シンプルライフ研究家)
夫、長女(10歳)、二女(5歳)の4人家族。広告代理店に勤務。シンプルな暮らしぶりを紹介したブログ「エコナセイカツ」が人気。最新刊『マキ流 やめていい家事』(宝島社)では、毎日を笑顔で過ごすために「やめてもいい家事」を提案。

‐HOUSE DATA‐
築2年/2LDK(59㎡)/賃貸マンション

「やりかけのものは出しっ放しでOK」と割り切ることで、気持ちがラクに。家事やムダな動作をなくして暮らしをシンプルにすることで、心や体の負担も減りますよ。

参照:『サンキュ!』11月号「心と体の疲れがとれる収納」より。掲載している情報は18年9月現在のものです。撮影/林ひろし 構成/出下真紀 取材・文/梶謡子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

リビングの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

リビングの新着記事も見てね

AND MORE

リビングの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP