刺激的で居心地の良い玄関ホール

整理収納のプロが指摘!「ゴチャゴチャ玄関」になってしまう4つのNG習慣

2021/01/26

玄関がゴチャゴチャしているとテンションが下がりますよね……。しかし、靴や傘、そのほかさまざまなものが置かれる場所なので、散らかりがちなのも事実。

そこで今回は、家事代行サービス「カジタク」を展開するアクティアに所属の山口さんに、「ゴチャゴチャ玄関」になってしまう4つのNG習慣を教えてもらいました。

アクティア株式会社が提供する家事代行サービス「カジタク」に所属する「美部屋(掃除・片付け)コンサルタント」。...

>>>山口奈穗子の記事をもっと見る

玄関のNG習慣1:「結局、使っていない」そんな靴を残してある

入り口にたくさんの靴
Toru Kimura/gettyimages

よいと思って買ったが、まったく出番がない靴……
サイズや形がしっくりこない靴……

そんな、「結局、使っていない」靴が、いつまでも場所をとっていませんか?限りあるスペースがもったいないですね。思い切って処分をして、一軍選手の靴を、最前線にびしっとそろえるようにしましょう!

玄関のNG習慣2:家族の靴が混ざり合っている

靴箱に入った靴がたくさん入っている
Toru Kimura/gettyimages

靴の収納は基本的に、段ごと、人ごとに収納するようにしましょう。例えば、父・母・子という家族構成の場合、父の靴を上にするか、下にするか、迷う方がいらっしゃるかもしれません。父の靴が一番大きく重たいので下段にして、上に行くほど軽くするもOK。または、父が一番背が高いので上段、下段は子ども、でもOKです。

いずれにしても、誰が何段目かを明らかにして「自分の靴はここに戻す」ということを意識してもらえるようにします。家族みんなに自己管理できるようになってもらいましょう。

玄関のNG習慣3:靴以外のものが場所をとりすぎている

バッファロープレイドで秋のために飾られたフロントポーチ
StephanieFrey/gettyimages

靴が収納しきれず、三和土(たたき)に出しっぱなしでは、片づいた印象になりませんね。もしかして靴以外のものが棚を占領していないか、チェックしてみましょう。

たとえば……

・革靴の数に対して、靴のお手入れグッズが多すぎる
・不要なスプレー缶がいくつもある
・傘が多すぎる
・もう遊ばなくなった遊具が放置してある

上記のようなものを見直して、1足でも多く靴の指定席を確保しましょう。

玄関のNG習慣4:たくさんのものを飾りすぎている

家族が仕事や学校から帰ってきたときに、ほっとするような玄関。お客さまがみえたときに、すっきり気持ちよく出迎えられるような玄関。そんな玄関を目指したいですよね。

しかし、玄関にものを飾るとき、あまりたくさん飾りすぎてしまうと、視覚的に忙しくなってしまいます。季節に合わせた飾りをワンポイント程度にまとめると、すっきりした印象になりますよ。


協力・・・

カジタク

家事の宅配「カジタク」。安心のイオングループとして、家事代行以外にも、プロの整理収納プラン「片付け名人」や、日頃お掃除できないところをプロにお任せする「ハウスクリーニング」など、これまで約70万件の家事サービスを提供。「カジタク」はアクティア株式会社が提供する家事代行サービスのブランドです。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND