片づけのプロが指摘!「玄関」に置いてはいけないもの3選

2021/12/05

玄関は家に入ったとき初めに目につく場所。宅配便などを受け取る際にも見られるので、家の中でも特に気をつけたい場所です。

そこで「玄関」に置いてはいけない3つのものを、ゆるミニマリストとして活動するライターのみくさんに教えてもらいました。

汚部屋暮らしから脱却し、ミニマリストに。めんどくさがりでも楽してすっきり過ごせるの暮らしのアイデアを発信する...

>>>みくの記事をもっと見る

1.大量の靴

入り口にたくさんの靴
Toru Kimura/gettyimages

玄関に大量の靴があると、その分狭くなり使い勝手がわるくなります。「出しておく靴は1人1足まで」など決めて、増えすぎないようにしましょう。

その他の靴はすべて靴箱に収められるよう、不要な靴がないかの定期的な見直しも必要です。

2.大量の傘

雨の日には、近代的な建物の中で、オフィスの入り口の外で乾燥するために傘が置かれました。
CatEyePerspective/gettyimages

急な雨に見舞われるたびコンビニで買っているちに、気づいたら増えているという家庭も多いのでは。数を決めるなどして増えすぎないよう注意しましょう。

天気予報をこまめに確認したり、折り畳み傘を持ち歩いたりして、できるだけ出先で傘を買わないよう注意することも大切です。

3.埃をかぶった雑貨

上にものが置けるタイプの靴箱だと、そこに雑貨を置いている家も多いのではないでしょうか。置くこと自体はいいのですが、長い間放置して埃がかぶっていませんか?

いくら素敵な飾りでも、埃が積もった状態では台無しです。飾るのであれば、こまめに手入れができる分だけにしましょう。ポストに入っていたチラシなどを、ポンと置いたままにすることももちろんNG!

増えすぎていないか定期的にチェックを

どれも、意識して整理しなければどんどん増えてしまうものです。しばらく履いていない靴や、使わないまましまい込まれているものがないかを見直してみましょう。

最近では靴をたくさん収納できる便利グッズも売られているので、どうしても入らない場合はそういったグッズを利用するのも手です。すっきり整えて、家に入ったとき気持ちのいい玄関にしましょう。



■執筆/みくさん…汚部屋暮らしから脱却し、ミニマリストに。めんどくさがりでも楽してすっきり過ごせる暮らしのアイデアを発信するインスタグラムが人気。インスタグラムは@akairo39。

編集/サンキュ!編集部

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND