バーゲンで買うべき洋服はずばりコレ!失敗しない方法をプロが伝授

2019/07/17

バーゲンで安くなっているとつい買っちゃうけど結局着ない……なんてことありませんか?そんな人は服の買い方を見直してみましょう。クローゼットオーガナイザーの林智子さんが、失敗しないバーゲンの買い方を教えます。

<教えてくれた人>
林智子さん
クローゼットオーガナイザー、骨格スタイル協会認定講師。SMART STORAGE!所属。ファッション業界での経験を生かし、個人のクローゼットの片づけ、スタイリングサービスを提供。

バーゲンではどんな服を買えばいい?

いつもだったら選ばない冒険服を買うのではなく、バーゲンのときこそ、ふだんヘビロテしそうな定番服を安く手に入れるのが正解、と林さん。

「いつもと同じ予算で、ワンランク上の服を買えるのがバーゲンのメリットです。ふだんはプチプラショップで買っている物が、バーゲン時期なら憧れのブランドで手が届くようになることも。せっかくいい物が買えるなら、たまにしか着ないデザインではなく、週に何度も登場する定番アイテムを手に入れるほうが、賢い買い方ではないでしょうか」

バーゲンでは「ベーシックな服」だけ買うと決めよう

お店に行ったら、どんなに安くても目につく所にディスプレイされているトレンド服は素通りを。奥のほうにひっそりとたたまれているようなベーシックな服をチェックしましょう。

Long Skirt

どんなトップスにも合わせやすい定番デザインのスカートは、ハリと光沢のある上質な物をチョイス。

Jeans

「ザ・定番」のジーンズこそ、バーゲンで更新すべき。シルエットや色、ディテールにセンスが出ます。

T-Shirt

「いつもの白T」ではなく、カットソー寄りのデザインやツルッとした素材感の大人に似合う白Tを。

試着は必ずしよう!

物だけを見て「いいな」と思っても、必ず試着を!着心地や着回しやすさだけでなく、自分の印象がよく見える物を選びましょう。微妙なときはきっぱりあきらめて。

<試着のポイント>
□スタイルが悪く見える
□やぼったく見える
□安っぽく見える

シーズンごとにトレンドを追い続けるより、質のいい定番服をガンガン着回しているほうが、毎日ラク。しかも満足度はずっと高いはずですよ。ぜひ服を買うときの参考にしてみてください。

参照:『サンキュ!』8月号「本当に必要な服だけ買う方法」より。掲載している情報は19年6月現在のものです。撮影/キムアルム 構成・文/杉澤美幸 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND