グリーンプラントは、コイン積み重ねでお金を節約ビジネスファイナンスの成功の富投資予算の概念に成長しています。緑のぼかしの背景を持つ木製のテーブルの上にスタックコイン。

40代からの貯め活がお見事!学費で貯蓄が底をついたけど3年でV字回復!

2020/05/13

どんぶり勘定&子どもの学費で貯蓄がなくなっても、コツコツしたやりくりテクで頑張ればV字回復できるんです!40代からの貯め活は、老後資金も見据えてのもの。家計のムダをしっかり見直す方法を教えてもらいました。

<教えてくれた人>
Iさん(神奈川県 48歳)
夫(47歳)、長男(27歳)、長女(23歳)の4人家族。長男は独立し、現在は3人暮らし+猫1匹。9年前にパートから正社員に。

◎MONEY DATA◎
世帯月収(手取り)63万円
世帯年収(手取り)1310万円
月貯蓄額 約18万円
年貯蓄額 410万円
総貯蓄額 1000万円

子どもの進学費で貯蓄が底をついたものの、3年間でV字回復!

以前の家計はどんぶり勘定。2人の子どもの進学のため、07~16年の9年間で貯蓄が底をつきました。4年前、『サンキュ!』に出合い、読者のやりくりテクに感激。付録の手帳で週予算をチェックしたり、固定費を見直したりして、ムダな支出を抑えました。長女の大学卒業後は、教育費がかからなくなった分を「豊かな老後」のための貯蓄に。65歳までに5000万円めざして頑張ります!

1 固定費1つずつ見直し、家計をミニマム化

「首都圏の賃貸住宅で家賃が高いので、その他の固定費を下げるようにしました」。格安スマホへの乗り換え、ガスと電気のセット割り、節水シャワーヘッドなど、お得なことはすべて実践!

2 週予算でやりくりし、週末に買った物を振り返った

週1万5000円×4週+1万円(5週目)の計7万円でやりくり。週末に買った物のリストを手帳に書いて見返し、〇×をつけて反省を。×のムダ買いを減らすようにしました。

3 家計簿にやる気を高める言葉を貼った

『サンキュ!』の付録の手帳に、予定や収支を記入。「余白には励みになる言葉の切り抜きを貼って、挫折しそうなときの自分を鼓舞しています」。

参照:『サンキュ!』2020年5月号「無理せず1000万円ためてる人の朝・昼・晩」より。掲載している情報は2020年3月現在のものです。構成・文/宮原元美 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND