女性の手保有物貯金箱。お金と金融投資を節約します。

ボーナスなし手取り月38万で9月から年末までで18万円貯めた!その方法とは?

2020/09/26

ふだんの月収だけでも、4カ月でプラス18万円も貯められる!すき間時間をうまく活用して、情報収集&無理なくできることをコツコツと。小さな見直しはあなどれない!ボーナスなしでもしっかり貯まった秘訣を教えてもらいました。

<教えてくれた人>
Eさん(愛知県 34歳)
夫(34歳)、長男(5歳)、二男(2歳)、義父の5人家族。結婚8年目。夫は父親が経営する会社に勤務。妻はフルタイム勤務の会社員。義父の持ち家に同居。

◎MONEY DATA◎
世帯月収(手取り) 平均38万円
ボーナス(年間・手取り) 0円
世帯年収(手取り) 444万円
年貯蓄額 150万円
総貯蓄額 1100万円

<収入>
夫月収(手取り) 13万円
妻月収(手取り) 約25万円
積立保険 11万5000円
※貯蓄性のある保険を教育費用に

<貯蓄>
先取り貯蓄 6万円

<支出>
住居費 0円
※義父と同居のため負担なし
水道・光熱費 8000円
通信費 1万5000円
医療保険料 9500円
自動車関連費 1万7000円
子ども費 8000円
食費 3万2000円
※外食費含む
日用品費 3000円
ガソリン代 7000円
お楽しみ費 1万円
※誕生日プレゼント代など
夫小遣い 1万4000円
妻小遣い 1万2000円
その他 2万4000円
※医療費・交際費など

残し貯め4万5500円

※19年9~12月の平均金額です。

忙しいを言い訳にせず小さな見直しだけで貯蓄アップ!

昨年、転職したEさん。「前職は忙しく、総菜や外食などに頼りがちで、時間がないのをお金で解決することもありました。ちゃんとやりくりすれば、もっと支出を減らせるのにとモヤモヤすることも多かったです」。10万円チャレンジをきっかけに、先延ばしにしていた家計の見直しを実行。すき間時間での情報集収など無理なくできることを実践したら、家計のムダがなくなり10万円も何なくクリアー。家計がスッキリしてモヤモヤがなくなり、さらに10万円も貯まって一石三鳥。

将来の学費のために目先の出費はセーブする

5歳児でもわかるお菓子管理法に。

子どもにお菓子袋を与え、買い物前に一緒に中身をチェック。「袋にまだお菓子があるとわかるから、むやみにねだらなくなりました」と、親子で気持ちよく節約。

服は中古品でもかわいいのはある!

すぐにサイズアウトする子ども服はネットフリマやリサイクルショップで購入。「今は将来の教育費優先。そのほかの子どもにかかるお金はできるだけ抑えています」。

年末までに約18万円貯めた!4カ月の軌跡

●9月 転職のごあいさつ費やら出費がイタい……

転職時のごあいさつ用の菓子折り代は「必要経費」と割り切りました。その代わりちょこちょこ使っていたカフェ代は、家でいれたコーヒーをマイボトルに入れて持参し、節約!

【貯蓄額】-400円

●10月 夫を"食費番長"にしたら予算オーバーなしに!

料理が得意な夫に食費管理をお任せ。スーパーで食べたい物をなんとなく買っていたのを、会計時に夫がビシッと引き締め予算内に。「夫が家計に関心を持ってくれるようになりました」と相乗効果も。

【貯蓄額】1万9400円

●11月 地域の「子育て支援」は狙い目だった♪

市が実施している子育て世帯優先のお得な「プレミアム商品券」を購入。また、ドコモの「子育て応援プログラム」に登録して子ども2人の誕生月に6000円分のdポイントをゲット。お得情報は逃しません。

【貯蓄額】5万4000円

●12月 アンケ回答のプチ稼ぎは必ずTポイント化

「アンケートは量をこなせないので、謝礼の割がいいもの1本に」。謝礼はTポイントに交換し「ウエル活」で日用品費を浮かせています。年末調整や株の配当で収入が多かったこともあり、貯蓄増!

【貯蓄額】10万9000円

4カ月で18万2000円貯めた!

10万円チャレンジでどう変わった?

お金だけでなく時間づかいも上手になれた。

『サンキュ!』を読んで貯めている人は朝型なことを発見。「早寝早起きで朝の1時間を自分時間にしています」。また通勤時にお得情報を検索するなど、すき間時間を有効活用。

Withコロナのやりくりどうする?

支出はコントロールできるとわかって不安なし!

「収入減の不安はありますが、支出は見直せば減らせるとわかり、やりくりに自信がつきました。今後は貯めるだけではなく、家族で楽しむためのお金の使い道も考えたいです」。

参照:『サンキュ!』2020年10月号「みんなで年末までに10万円貯めよう!」より。掲載している情報は2020年8月現在のものです。撮影/Eさん 取材・文/村越克子 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND