1. トップ
  2. ビューティー
  3. 35歳3人のママに学ぶ!美ボディをつくる簡単宅トレ5選

35歳3人のママに学ぶ!美ボディをつくる簡単宅トレ5選

2018/11/12【 ビューティー 】

子どもがいると、なかなかダイエットにあてる時間がつくれないものですよね。今回は、35歳で3人の子どもを育てながら美ボディをキープしている、03ayaka30さんの自宅トレーニングをご紹介します。短時間で簡単にできるものばかりですよ♪

起床後すぐにできるストレッチで代謝アップ

View this post on Instagram

A post shared by 03ayaka30 (@03ayaka30) on

03ayaka30さんは朝おきてすぐのベットの上で、体を思いっきり伸ばす・ひざを立てて左右に倒す・片脚をひざにかけて胸に引き寄せるなどのストレッチを行っています。これらを繰り返すことで、体の血液が巡り徐々に目覚めていくのを実感できるのだとか。筋肉の血行が良くなり、代謝アップも期待できるそうです。

腹筋が苦手でもできるお腹引き締めエクササイズ

View this post on Instagram

03ayaka30さん(@03ayaka30)がシェアした投稿 -

おなかを引き締めたいけれど腹筋が苦手…という方におすすめなのが、こちらのトレーニングです。腰の下にクッションを入れ、息を吐きながら後ろに倒れたら、おなかの力を使って起き上がり、脚を左右交互に上げながら膝の下で手を叩きます。背中は丸く状態を保ち、あごをひいて行うと効果的ですよ。

定番のヒップリフトは足の位置がポイント

View this post on Instagram

03ayaka30さん(@03ayaka30)がシェアした投稿 -

定番のヒップリフトは、フォームによって効く部位が変わるそう。足を置く位置が膝の真下だとおしりに、膝から遠くに置くと太ももの裏に効きやすくなります。おしりに効いている感覚が分かりにくい場合は、片方の膝を抱えて胸に引き寄せながら行ってもOK!効かせたい部位を意識しながら、いろいろなフォームを試してみてくださいね。

全身を引き締める体幹トレーニング

View this post on Instagram

03ayaka30さん(@03ayaka30)がシェアした投稿 -

こちらは、全身を使うぺたぺた歩きトレーニング。膝を伸ばした状態で、手を床について足元からなるべく遠くまでぺたぺたと動かしていき、数秒キープしてまた元の位置に戻ります。腕立て伏せやひざにタッチする動きを加えたり、戻るときに足を動かしたりと、バリエーションも豊富。全身の引き締めや体幹の強化が期待できます。

超簡単有酸素トレーニング

View this post on Instagram

03ayaka30さん(@03ayaka30)がシェアした投稿 -

外でランニングやウォーキングをしなくても、自宅で有酸素運動ができるトレーニングです。やり方は、腰の高さに手の平をセットし、膝を交互に上げてタッチするだけ。手の高さをキープして、おなかの力を入れながら行うのがポイントですよ。筋トレのインターバルなどに取り入れると、トレーニング効果がアップしそうですね♪

03ayaka30さんのトレーニング動画から、スキマ時間にできるエクササイズやストレッチをご紹介しました。ひとつひとつフォームや効いている部位を意識することで、より効果が期待できますよ!ぜひ参考にしてみてくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※ご紹介した内容は個人の感想です。

ビューティーの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ビューティーの新着記事も見てね

AND MORE

ビューティーの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP