ムリなく腸活!元おデブの腸活研究家による「ずぼら味噌汁」とは

2019/01/30

腸活によって重度の肥満体型から数十kgのダイエットに成功した、腸活研究家のhasegawaromiさん。我慢せずに続けられる習慣として、Instagramで「毎日のずぼら味噌汁」を公開しています。無理なく腸活できる味噌汁レシピは必見ですよ!

水溶性食物繊維の豊富なオクラを味噌汁に

出典:Instagramアカウント「hasegawaromi」

大好きな揚げ物やお肉を我慢せずに食べているhasegawaromiさんは、普段のご飯で調整するようにしています。この日はトマトを使った合わせ調味料「トマ味噌」、かつおぶしと塩昆布、ズッキーニの甘塩麹漬け、オクラ、ねぎを味噌汁にしました。オクラは腸内細菌のエサになる水溶性食物繊維が豊富なので、便秘解消に効果的なのだとか。

なるべく毎日海藻を食べる

出典:Instagramアカウント「hasegawaromi」

海藻を食べなかった日の翌日は便秘がちになるため、毎日海藻を食べるようにしているというhasegawaromiさん。この日は、米麹味噌とかつおぶし、めかぶだけを使用したシンプルなずぼら味噌汁を紹介。めかぶは味噌汁に入れると手軽に取り入れられて、ぺろっと食べられるそうですよ。

れんこんには美肌と風邪予防効果に期待大!

出典:Instagramアカウント「hasegawaromi」

こちらは、米麹味噌、かつおぶし、おくらとレンコンの甘塩麹漬けを入れた味噌汁。れんこんに含まれているビタミンCは、抗酸化ビタミンとも呼ばれており、美肌や風邪予防に効果的なのだそう。ビタミンCは水に溶けやすいので、れんこんを蒸したときに使用した水分もお味噌汁にイン。汁物なら、栄養をムダなくとれるところもうれしいですね。

乾燥ひじきは便利で腸活にも最適な優秀食材

出典:Instagramアカウント「hasegawaromi」

この日は味噌汁の具材に、ズッキーニの甘塩麹漬け、ひじき、にんにくを使用したhasegawaromiさん。海藻類であるひじきには、腸の働きを促し腸内環境を整える、食物繊維やマグネシウムが豊富に含まれているそうです。乾燥ひじきは、長期保存しやすく味にくせがないので、煮物やサラダなどさまざまな料理に活用できて便利ですよ。

食べ過ぎた翌日は味噌汁にもやしを入れよう

出典:Instagramアカウント「hasegawaromi」

休日など食べ過ぎてしまった次の日、がっつりお腹にたまる食材は避けたいもの。そんなときにおすすめなのが、もやしと海苔のナムルを入れた味噌汁です。もやしは軽く食べられて、食物繊維や脂質の代謝を助けるビタミンB2が豊富なので、腸内のリセットに最適とのこと。hasegawaromiさんは、仕上げに七味もトッピングしていました。

誰でも簡単に手に入れられる食材を活用しながら、腸内環境を整えられる味噌汁を考案しているhasegawaromiさん。ダイエットをしながら腸活もしていきたいと考えている方は、ぜひ「毎日のずぼら味噌汁」を取り入れてみてくださいね!

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※ご紹介した内容は個人の感想です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND