ダイエットます。

2年間の宅トレで手に入れた引き締まったメリハリボディ

2019/07/03

ダイエットのために、自宅での運動を実践している方は多いですよね。今回ご紹介する30代ママは、2年間の宅トレで見違えるほどのメリハリボディを手に入れました。一体、どんなトレーニングや食事を実践しているのでしょうか?

約2年間宅トレを続けたビフォーアフター

出典:Instagramアカウント「tomoko.health」

2人の子どもをもつtomoko.healthさんは、20年以上運動ブランクがある状態から、37歳で自宅トレーニングをスタート。約2年間で、体重は変わっていないにも関わらず、見た目に大きな違いがあらわれました。自宅で実践できるトレーニングとはどのような内容なのか、さっそく見ていきましょう。

運動前のウォーミングアップに階段昇降

この投稿をInstagramで見る

ともこ ☆宅トレ☆さん(@tomoko.health)がシェアした投稿 -


トレーニング前のウォーミングアップとして有効なのが「階段昇降」。ふつうに上り下りするだけでも体が温まりますが、股関節を曲げお尻を突き出してゴリラ歩きをしたり、片脚をうしろに思いっきり蹴り上げたりすれば、お尻のトレーニングにもなります。階段がない場合は、膝をしっかりとあげながら足踏みしてもOKだそうです。

ヨガマット1枚分のスペースでトレーニング

この投稿をInstagramで見る

ともこ ☆宅トレ☆さん(@tomoko.health)がシェアした投稿 -


トレーニングは、腹筋やスクワット、腕立て伏せなどの筋トレから有酸素運動まで、さまざまなメニューをバランスよく行っています。ヨガマット1枚分のスペースがあれば、こんなに本格的なボディメイクができるんですね!

テニスボールマッサージでむくみ取り

この投稿をInstagramで見る

ともこ ☆宅トレ☆さん(@tomoko.health)がシェアした投稿 -


トレーニングとあわせて、ストレッチやテニスボールを使ったマッサージも実践。テニスボールは、ひざの裏に入れて足を折りたたんだり、うつ伏せで太ももの下において体を前後に動かしたりして使います。このマッサージを続けることで、むくみの解消効果が期待できるのだとか。

食事は旬の食材や無添加のものを選ぶなどクリーンに

出典:Instagramアカウント「tomoko.health」

冷蔵庫には、いつもブロッコリーやトマト、旬の野菜、胸肉やゆで卵などの食材を常備しています。また、ハンバーグのつなぎとしてパン粉の代わりにオートミールを使う、ノンフライヤーで素揚げ風の野菜チップスをつくる、化学調味料無添加のふりかけを選ぶなど、ヘルシーで体にやさしい食事を意識しているようです。

2児のママが実践する、手軽なボディメイク術をご紹介しました。ヘルシーな食事をつくるための、ちょっとした心がけもマネしやすいですね。広いスペースや特別な道具がなくてもできるものばかりなので、ぜひ試してみてください。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※ご紹介した内容は個人の感想です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND