皿の上の食事療法食品楽しい

よかれと思ってやってない!?40代はちょっとの間違いで「非ヤセ」習慣4つ

2019/08/16

年齢を重ねるごとに痩せにくくなる……というのは昔からよく言われていること。これには基礎代謝の低下が大きく関係しています。

多くの女性は、35歳を過ぎた頃から体型にリアルな変化を感じるでしょう。また、それが「太る一方」「もうどうにもならない」と深刻化するのが40代。何とかしようと「痩せる」「引き締まる」と言われるダイエット法を本気で取り入れ始めるのもこの年代のかたに多いです、と話すのはヨガインストラクター・ビューティーフードアドバイザーの高木沙織さん。

ですが、よかれと思って取り入れていた習慣もちょっと間違えれば効果のない“非痩せ習慣”になってしまうのだそう。

非痩せ習慣1:食事の回数を減らす

カツ参道-豚肉の唐揚げ、キャベツ、日本のマヨネーズとトンカツのソースを添えてテキスト用のコピースペースを使用した明るい背景のクローズアップ。日本のファストフード
Darya Arnautova/gettyimages

体型の変化が気になり始めると、「食事の回数を減らさなくては」と朝・昼・夜のどれかを抜くかたは非常に多いです。

体調が悪かったり、食欲がなかったりするのであればその日は無理に3食摂る必要はないのですが、可能であれば食事は一定の間隔で摂りましょう。というのも、欠食をするかたの多くがその前後の食事量を摂りすぎる傾向にあり、血糖値を上げやすくしているから。

私たちの体は食事をしたものが吸収されると血糖値が上昇し、それを下げるためにインスリンというホルモンが分泌されます。インスリンには血中の糖を脂肪として体にため込む働きがあるので、過剰に分泌させるのは控えたいところ。

気をつけたいのは、空腹状態からの過食です。血糖値を急上昇させてインスリンの分泌量を増やすので、欠食はオススメではありません。

非痩せ習慣2:カロリーばかりを気にする

ドーナツとアップルの間を選択します。
sefa ozel/gettyimages

買い物をするときや外食をするとき、カロリーだけをチェックしていませんか?確かに、1日の摂取カロリーが多すぎるのは肥満の原因になるので、目安として知っておくのはよいことです。

ですが、ダイエットをするときに大事になるのはカロリーだけではありません。先にお伝えした“糖質”の摂取量も意識できるとなおよいです。

パッケージに「糖質オフ」と書かれているものであればわかりやすいのですが、炭水化物であれば精製度の低い玄米、ライ麦パン、全粒粉パン、全粒粉パスタなどを選ぶと食物繊維、ビタミンB1が補えて血糖値の上昇を緩やかにする効果に期待できます。

ただし、糖質は脳の栄養源にもなるので過度な制限はしないこと。

非痩せ習慣3:いきなりの筋トレ

ダイエットのためにトレーニング・エクササイズを取り入れるのは素晴らしい習慣です。

そしていざ始める前は、しっかりとストレッチをするとより素晴らしいです。それこそテレビを見ている最中など、思い立った瞬間にいきなりトレーニングに取りかかると筋肉や関節の動きが悪く体を痛めたりする恐れがあるのはみなさんご想像のとおりでしょう。

他にも、筋肉の周囲の膜・筋膜が短縮していると正しい姿勢が取りにくく、その状態でトレーニングをしても望むような効果は得にくいです。

ストレッチは筋膜の伸張にも役立ち、体の可動域を広げてくれるので運動の前には必須です。内容は、前屈や後屈、側屈、開脚など体が気持ちよく伸び・ほぐれるものがよいでしょう。

非痩せ習慣4:トップスの下はブラだけ

littlehenrabi/gettyimages

暑い季節はTシャツやノースリーブを着て過ごす機会が増えますよね。ボディラインが出るような服を着ることは体型への意識を高めてくれるでしょう。では、その下は?

ヨガインストラクターをしている筆者ですが、先日のレッスンで驚いたことがありました。それは、トップスの下はブラジャーのみ着用という女性の数の多さ。なぜかと聞くと、「下に着ると、着ぶくれするから」という声が多く挙げられました。みなさんはどうですか? 

「少しでも薄着で快適に」「ボディラインをスッキリと見せたい」という気持ちも分かりますが、これではお腹がひんやりと冷えてしまいます。内臓の冷えは内臓の働きそのものを悪くしたり血液を冷やしたりすると言われており、冷えによる体調不良の原因だけでなく、基礎代謝を下げることにもつながるので、キャミソールを一枚着ておくことをオススメします。

薄手の腹巻きで腹部を温めるのもよいでしょう。

「これ、やっている」とドキッとするような“非痩せ習慣”があったかたも多いのではないでしょうか。

40代からはとにかく痩せにくい!せっかく取り入れるのなら効果的な方法で、基礎代謝の低下に負けずに理想の体型を目指しましょう。

教えてくれたのは・・・

高木沙織さん

ヨガインストラクター/ライター。骨盤ヨガや産前産後ヨガ、筋膜リリースヨガ、体幹トレーニングに特化したクラスを得意とし、体の内外から美しさをサポートする。「美」と「健康」には密接な関係があることから、野菜や果物、雑穀に関する資格を複数所有。スーパーフードにも造詣が深く“スーパーフードエキスパート”としてイベント講師も務める。

関連するキーワード

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND