フィットネス スポーツ クラブや自宅のジムで運動を腕のストレッチ セクシーなアジア人の少女。ヨガ エアロビクス クラス、赤身のしっかりしたボディ トレーナー、減量、脂肪燃焼や健康的なライフ スタイルのコンセプト。コピー スペース

3児のアラサーママが実践!メリハリボディを維持する秘訣

2019/12/05

理想のボディを手に入れるためには、運動や食事管理などの努力を続けることが大切。今回は、姿勢美人になることをめざしてダイエットを実践している、アラサーママのダイエットレシピ&トレーニングをご紹介します。

美しいボディを維持するための秘訣とは

出典:Instagramアカウント「tokinabody」

姿勢美人になることを目標にダイエットを続けている、アラサーママのtokinabodyさん。3人の子どもを育てながら、食事管理やスキマ時間を活用したトレーニングで美ボディを維持しています。小さな変化を感じると、もっと続けていこうというモチベーションにもつながるそう。おすすめのスイーツレシピとトレーニングを見てみましょう。

ヘルシーでおいしいキウイの寒天ゼリー

出典:Instagramアカウント「tokinabody」

飾りに使うキウイを残し、残りを刻みます。お湯を沸かし、寒天を煮溶かしてから砂糖とレモン汁を加え、あら熱が取れたあと刻んだキウイを混ぜます。濡らした型に入れて固めれば、キウイの寒天ゼリーの完成!キウイにはビタミンやカリウムなどが豊富に含まれ、むくみや便秘解消、美肌効果も期待できるのだとか。

たんぱく質が豊富なヨーグルトアイス

出典:Instagramアカウント「tokinabody」

水切りヨーグルトと砂糖を混ぜ、冷蔵庫へ。卵白に砂糖と塩を加えてツヤのあるメレンゲをつくり、冷やしておいたヨーグルトと混ぜ合わせます。冷凍庫に入れ、1時間置きにフォークでほぐしながら全体が固まったら、ヨーグルトアイスの完成です。お好みでフルーツを入れても◎。

肋骨締め&くびれ腹筋トレーニング

この投稿をInstagramで見る

ときな☺︎さん(@tokinabody)がシェアした投稿 -

こちらは、くびれづくりのために実践しているトレーニング。両手を肋骨の下あたりに添え、足を90度に曲げた状態で持ち上げたら、左右に倒していきます。足を倒しながら息を吐き、吐く力を利用して肋骨を締めることを意識。このとき、倒した側の手で肋骨を支えながらおこないましょう。回数の目安は、10往復×3セットです。

公園でできる!背中を鍛えるトレーニング

この投稿をInstagramで見る

ときな☺︎さん(@tokinabody)がシェアした投稿 -

子どもたちと公園で遊んでいる時間も、トレーニングに活用!ぶら下がり器具の棒をつかみ、肩甲骨をできるだけ下げます。片足ずつゆっくりと離して、お腹と背中の力を抜かないように10秒間キープ。これを4回繰り返しておこないました。背中の筋力アップに効果がありそうなトレーニングですね。

スキマ時間を使ったトレーニングなら、日々いそがしい女性でも実践しやすいですよね!おいしくヘルシーで美容効果まで期待できるスイーツは、ダイエットの楽しみにもなりそうです。気になるアイデアがあったら、ぜひ試してみてくださいね。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※ご紹介した内容は個人の感想です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND