体重計を踏む女性の足。健康的なライフスタイル、食べ物、スポーツのコンセプト。

子ども3人45歳から超ゆる糖質オフ始めて27kg減!やせる習慣3

2020/02/11

ダイエット成功者たちが“じわ太り”(じわじわ太っていくこと)脱出のために行った「やせる習慣」を大公開!今年こそやせたいと思っている人は必見です。

超ゆる糖質オフで27㎏やせた

<話をきいた人>
桃田ぶーこさん(47歳)
ダイエットの経験をつづった『45歳、ぐーたら主婦の私が「デブあるある」をやめたら半年で20㎏やせました!』(講談社)が話題。

「糖質依存で、85kgに太った45歳のとき、体調不良に襲われダイエットを決意し、ゆる糖質オフをすることに。糖質さえ減らせば、ほかの物はしっかり食べていいからストレスフリーで、無理なくするすると体重が落ちました」

習慣1:細かい糖質計算はせず、低糖質のお助け食材に頼る

「いちいち糖質量を計算するのは面倒なので、高野豆腐や油揚げなど糖質量が少ない食品を常備し、食事やおやつに取り入れています。低糖質だから食べても安心!」
[例]おからパウダー、ゆで卵、カリフラワーライス、さば缶など

習慣2:“使い切りスパイス”で肉炒めのマンネリ解消

「料理の味がマンネリ化しないよう、〈レモンライスの素〉などいろいろな使い切りスパイスを買って味つけをチェンジ。塩もトリュフ塩やピンク岩塩などを使い分け」

習慣3:間食したくなったらあたりめや昆布をかむ

「間食をしたくなったら、あたりめや昆布など低糖質で硬い物を顎が疲れるほどかんで食べます。かんでいるうちに脳が落ち着いてきて、食欲が収まります」

やせる金言「ダイエットは我慢するものではありません。40代でも食だけで変われます」

「今まで何種類ものダイエットを試しましたが、その経験があったから今のダイエットにたどり着きました。年齢問わず、食で必ずやせます」

朝昼晩の生活習慣で18㎏やせた

<話を聞いた人>
菱沼ゆうこさん(東京都 40 歳)
夫と3人の娘、実父の6人家族。ダイエット&リバウンド歴20年にして40歳で初成功。インスタ@yuccoaround40も日々更新中。

「食事制限や、筋トレを少しした程度ではやせないと気づき、たどり着いたのが朝昼メニューの定番化。朝は果物と野菜、昼は野菜や肉のBBQ風おかずにし、夕食は控えめにしました。この定番食と、早歩きなども習慣にしたら18kgやせに成功!」

習慣1:朝は10分早歩きでラクにカロリー消費

「毎朝、駅まで10分早歩きを続けたら1カ月で体重が4kgも減り、わざわざ苦手な筋トレをするより、私には有酸素運動が効くと確信! ラクにカロリーを消費できます」

習慣2:3時のおやつはケーキでもOK。1つを味わって満足度アップ

「以前はおやつを食べるため食事量を減らしていましたが、今は食事をしっかりとり、ケーキ1個を味わって食べます。とっても満足度が高く、ストレスもなし!」

習慣3:夕食後はお菓子を隠すなど、キッチンリセットで間食なし

「お菓子をキッチンの見える所に出しっ放しにしておくと、無意識のうちに食べがち。袋に入れて隠し、キッチンまわりをキレイにしたら、ちょい食べが解消!」

やせる金言「『これはできる』『これはできない』と自分に素直になるのがやせる第一歩です」

「若いころは結果を出そうと必死でした。でも40代になるとできることがハッキリしてきます。できることを選び無理しないのがやせる近道」

参照:『サンキュ!』2月号「今年こそ、じわじわ太る私をやめたい!」より。掲載している情報は19年12月現在のものです。撮影/天野良子、砂原文、上原朋也 取材・文/和田美穂 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND