健康栄養を象徴する女性頭の新鮮な野菜

1カ月で-2.7kg達成!元フィットネストレーナーの30代女性が実践するマイルール&簡単ダイエットレシピ

2020/10/01

いそがしい毎日のなか、健康的な食生活を送るために役立つのが、時短レシピや作り置きです。今回は、1カ月で-2.7kgを達成した元フィットネストレーナーの30代女性が実践する、食事のマイルールと簡単糖質オフレシピをご紹介します。

ダイエットを成功させるための食事のマイルール

出典:Instagramアカウント「im_yuko_」

1カ月で2.7kgの減量を達成し、現在もダイエット継続中のim_yuko_さん。食事では、肉・魚などのたんぱく質、キノコや野菜を積極的に摂取するようにしています。また、血糖値が上がりにくい食品から順番に食べることや、どうしても高カロリーなものを食べたいときはランチにしたり、だれかと分け合ったりすることも意識しているそう。

冷蔵庫の残り物でつくれる!厚揚げとこんにゃくの煮物

出典:Instagramアカウント「im_yuko_」

豆腐・こんにゃく・鶏肉などの具材を炒めて、麺つゆと水で煮込んだ煮物。冷蔵庫にある食材を使って、10分ほど煮るだけで簡単につくれます。味がしみ込みやすいように、豆腐とこんにゃくは手でちぎるのがポイント。具材を炒めるときに、ごま油を使ってもおいしいですよ。

調理時間10分!バターチキンの時短レシピ

出典:Instagramアカウント「im_yuko_」

鶏もも肉の表面に切り込みを入れて塩こしょう・薄力粉をまぶしたら、フライパンで皮目から中火で3分・ひっくり返して弱火で3分焼きます。ミニトマトを加えて1分ほど焼き、仕上げにバターとしょうゆを全体に絡めたら完成。肉が分厚いときは、フライパンで焼き目をつけてから電子レンジで加熱すると時短できます。

アレンジしやすい鶏肉とキノコの下味冷凍レシピ

出典:Instagramアカウント「im_yuko_」

鶏肉とキノコ、しょうゆ・酒・みりんをチャックつきの保存袋に入れるだけ!あとは、食べるときにフライパンで焼けば、ヘルシーな一品が完成します。冷蔵なら1週間、冷凍なら3~4週間くらい日持ちするので、作り置きしておくと便利ですね。調味料の比率を変えて丼物にしたり、唐辛子といっしょに焼いてピリ辛にしたりと、アレンジも自在です。

サバのみそ煮缶を活用した栄養満点の豆乳スープ

出典:Instagramアカウント「im_yuko_」

沸騰したお湯でしめじを煮て、火が通ったらサバのみそ煮缶を汁ごと入れます。豆乳を加えて、弱火で煮立たせないように注意しながら温めれば完成。好みで野菜やラー油をプラスしても◎。たっぷりつくって、翌日はグラタンにするのもいいですね。

少ない材料でつくれて、ダイエットにも役立つ簡単&時短レシピをご紹介しました。食材の選び方や食べる順番も、慣れれば意識しやすそうですね。いそがしくて毎日の食事の準備が大変というかたも、ぜひ参考にしてみてください!

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※ご紹介した内容は個人の感想です。
※電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体が、ちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります。(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND