公園でヨガのポーズをとる

36歳・3児のママが実践!一生続けられる習慣で老けずにきれいになれる体づくり

2021/05/27

40歳前後からのダイエットは体重が落ちにくく、むずかしいと感じていませんか?今回は、姿勢や立ち方など一生続けられる習慣で体づくりを行っている、36歳・3児ママのダイエット法をご紹介します。

一生続けられる老けない体づくり

出典:Instagramアカウント「erica.1225」

3人の子どもを育てながら、老けない体づくりを目指している36歳のerica.1225さん。30代でダイエットに成功した秘訣は、体づくりを楽しいと思えるようになったことだといいます。自分の現状の姿を研究して改善策を考えながら、ダイエットを生活の一部として習慣化することで、我慢せずに継続できているそうです。

ぼってりとした下腹を立ち方で改善

ぼってりとした下腹を改善するためにストレッチを実践。片脚を前に出して、おなかを太ももにつけるようなイメージで状態を前に倒します。片脚1分ずつ、裏ももの伸びを感じながら行うのがポイント。ふだんの立ち方でも、骨盤を前にスライドさせないように立つことを意識しましょう。

寝る前たった3分間!脚を太くしないためのマッサージ

就寝前に、スティックローラーを使って脚をマッサージすることも習慣にしています。ふくらはぎから足首、膝裏、もも裏、内ももまでコロコロとマッサージ。脚のつけ根や張りやすい前もも、お尻もしっかりとほぐして、翌日にむくみが残らないように努力しています。

アレンジ自在の鶏胸肉レシピ

こちらは、鶏胸肉とフライパンだけでつくれる簡単レシピ。鶏胸肉の皮を下に向けてフライパンに並べたら、ふたをして弱火で15分焼きます。裏返してさらに弱火で15分焼いたら、ふたを開けずに余熱でじっくりと火を通して完成です。塩こしょうやネギ、焼き肉のタレをかけたり、サラダのトッピングにしたりと、アレンジも自在ですよ。

夜の過食を防ぐために意識していること

出典:Instagramアカウント「erica.1225」

夕食は、炭水化物を控えたおかず中心の食事を、寝る3時間前にすませるようにしています。また、朝と昼にしっかりと食べること、昼と夜の間に栄養のある間食をとることも意識。どうしても夕食後におなかがすいてしまったときは、温かい飲み物や湯豆腐・みそ汁・無糖ヨーグルトといった糖質以外で消化のいいものがおすすめなのだとか。

いそがしい毎日の中でも、マッサージやストレッチ・健康的な食生活などを習慣化することで、無理なく体づくりを行っていましたね。40歳前後からダイエットをスタートしたいというかたは、ぜひ参考にしてみてください。

※記事内でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。
※ご紹介した内容は個人の感想です。

 
 

PICK UP ピックアップ

TOPICS 人気トピックス

RECOMMEND